七夕賞の追い切りでは夏突入の影響もあり各馬好タイムをだしていました。

タイムと評価コメント付き-七夕賞追い切りレポート

  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

七夕賞の追い切りは登録馬前場が8日に一斉に行われました。特に目立った馬では今回注目馬のレコンダイトと併せ馬を先着したクランモンタナが輝きを放っていました。その他各馬好タイムが多かったです。

2015年七夕賞(G3)-追い切りレポート

元調教助手Y氏追い切りコラム

7月12日(日)福島競馬場11R第51回七夕賞(G3)

サマー2000シリーズ第1戦にあたる七夕賞が12日の福島競馬場で開催されます。
前走で結果が出ていない馬が大半を占めていて、調教・追い切りを見極めて調子の良い馬をピックアップする事がカギとなるレースです。
過去7年で馬単万馬券が5回出ていて荒れる福島を象徴する重賞の一つです。
ローカル開催のハンデ戦という事もあり、人気にとらわれずに思い切った予想をする事も大切になりそうです。

2015年天皇賞・春登録馬の調教・追い切り

・アルフレード  評価:A-
7月8日美浦南W重併せ馬馬なり
5F66.7-4F51.5-3F37.4-1F12.0

追い切りタイムが非常に良く併せ馬でしっかり反応していました。新潟大賞典で3着に入った前走よりも調子が良さそうです。
550kgを超える大型馬です。休み明け2戦目でいくらか馬体を絞ってこれれば更に期待値上昇です。

・グランデッツァ  評価:Aー
7月8日栗東坂路不単走一杯
4F51.5-3F37.3-2f24.3-1F12.3

追い切りで好タイムをマーク。前走鳴尾記念は5着に沈みましたが2着に0.2秒差なので決して内容が悪いレースではありません。
状態は安定していて、今回も仕上がりは万全です。昨秋のマイルCS3着の実績もある馬。実力上位のここでは期待できそうです。

・クランモンタナ  評価:A-
7月8日栗東坂路不併せ馬一杯
4F51.3-3F37.7-2F25.0-1F12.8

追い切りで好タイムをマーク。1週前調教でも坂路不を一杯で4F51.4。
前走の追い切りは坂路不一杯52.8なので明らかに状態が上向いています。
ディープ産駒で昨夏は新潟大賞典で2着の実績もあります。本来の走りができればここでは上位争いをしてくる可能性も充分あります。

・ゲッシュタルト  評価:B+
7月8日栗東CW不単走叩一杯
4F51.2-3F37.8-1F12.2

追い切りでまずまずの好タイム。前走の追い切りはCW重を叩一杯4F52.1です。
馬齢による衰えで結果が出ていませんが、福島の舞台なら一発の可能性も若干あります。

・ステラウインド  評価:B+
7月8日美浦南W重単走馬なり
5F67.2-4F52.1-3F36.0-1F12.7

1週前調教では坂路一杯で4F53.4と今ひとつの動きでしたが、その効果もあってか追い切りでは馬なりながら軽快な走りを見せてくれました。
元々は2,000mを得意にしていた馬。距離短縮や調教の変化で変身してくる可能性もあります。

・トウケイヘイロー 評価:B+
7月8日栗東坂路不単走強目
4F52.5-3F38.1-2F24.6-1F12.4

まずまずの追い切りタイム。1週前調教でもCW不を6F83.1-1F11.8でこなしています。
全体のタイムは特に際立っていませんが前走は休み明けで場体重+12kg。今回は調教状態を見ても上積みは大きそうです。
ただし一昨年の重賞3連勝した時の勢いまでは感じられません。

・トラストワン  評価:B
7月8日栗東P良単走末強目

いつもどおりのPコースでの追い切り。1週前調教ではCWを一杯に追って稽古量はばっちりです。
前走と状態は変わらず。斤量も目黒記念で5着に好走した時と同じ54kgなので展開次第でチャンスはありそうです。

・ヒラボクディープ  評価:B
7月8日美浦南W重併せ馬強目
5F68.0-4F52.9-3F38.1-1F12.6

ほぼ前走と同じ追い切り。前走では軽めの調教が功を奏してエプソムC5着と好走。ここ最近調子を戻しつつあります。
今年に入って6戦目と疲れが不安でしたが、調教状態を見ている限り、問題なさそうです。

・フラアンジェリコ  評価:A-
7月8日美浦南W重併せ馬末強目
5F65.2-4F50.6-3F37.0-1F13.3

併せ馬スカイキューティ内1.4秒追走0.2秒先着。併せ馬でよい反応をしていました。
1週前調教でも南W重一杯で5F64.3と抜群の好タイムを出しています。過去の休み明け成績は[0.0.0.5]と今ひとつですが、今回は久しぶりでも
しっかり走れる万全の仕上がりです。
あとは当日の馬のテンションが程よく闘争心があれば・・。

・マディラ  評価:B+
7月8日栗東CW不単走一杯
6F80.9-5F66.7-4F52.9-3F39.3-1F12.9

追い切りで抜群の好タイムをマーク。休み明け成績は[0.0.0.5]と今ひとつですが、ばっちり負荷をかけて馬も反応していました。
斤量も52kgと軽くなるので、実力を全て出し切れればチャンスはあります。
当日のパドックと併せ馬のテンションも注目しておきたい。

・メイショウナルト  評価:B+
7月8日栗東CW不単走馬なり
6F84.1-5F66.7-4F51.3-3F37.5-1F11.8

馬なりながら1Fではしっかり反応してます。1週前調教ではCW不を馬なりで6F81.7の好タイムをマーク。
休み明け2戦目の上積みが期待できそうです。昨年の同コースで行われた福島記念3着の実績もあり、上位争いのチャンスはあります。
ただし、馬齢による衰えも感じる中で57kgの斤量がネックになりそうです。

・レコンダイト  評価:B+
7月8日栗東坂路不併せ馬一杯
4F51.6-3F38.0-2F25.3-1F12.9

併せ馬クランモンタナを0.3秒先行クビ遅れ。
1週前調教でも坂路不をクランモンタナと併せ馬をして4F51.7の好タイムを出しながら併せ馬は0.3秒遅れ。
良い相手と併せ馬をした事でしっかり負荷をかけた稽古ができた印象です。
3戦連続連対中で今回も斤量55kgと優遇されています。決めてに欠ける部分も感じますが、いつもどおりの走りができればここでも勝ち負けの勝負ができそうです。

競馬情報会社ランキング