アイビスサマーダッシュでは、29日にほぼ各馬一斉に追い切りが行われました。

タイムと評価コメント付き アイビスサマーダッシュ追い切りレポート

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析

アイビスサマーダッシュの追い切りではエーシントップが好タイムを出して、存在感を高めていました。その他注目馬各馬は夏の季節もあって、状態を上げてきている馬が多い様子でした。

2015年アイビスサマーダッシュ(G3)-追い切りレポート

元調教助手Y氏追い切りコラム

8月2日(日)新潟競馬場11R第15回アイビスサマーダッシュ(G3)

夏本番を迎え、中央競馬は今週から全会場がコース替りの開幕週になります。
新潟メイン競走では、新潟の夏の風物詩でもある直線1,000mでアイビスサマーダッシュが開催されます。
コーナーワークなしの瞬発力勝負のこの舞台は調教状態による仕上がりの見極めが重要になります。

2015年アイビスサマーダッシュ(G3)登録馬の調教・追い切り

・アースソニック  評価:B
7月29日栗東坂路良単走一杯
4F53.0-3F38.3-2F24.9-1F12.5

前走函館SSで2着に入り、絶好調の馬です。昨年のアイビスサマーダッシュは3着で適性も高い注目馬です。
追い切りは坂路一杯。昨年の追い切りは坂路4F52.5-1F12.8だったので、若干落ちている印象もありますが、まずまずの仕上がりです。
上位争いは期待できますが、昨年3着からのジャンプアップまでは期待できないか・・?

・エーシントップ  評価:A-
7月29日栗東CW良併せ馬叩一杯
6F79.9-5F64.4-4F50.8-3F37.8-1F12.3

追い切りで抜群の好タイムをマーク。併せ馬も突き放す内容で、文句なしの追い切りでした。
状態は前走以上。昨年の高松宮記念4着の実績もあり一発の要素を持っている馬です。
前評判が低いだけにオッズがつくのなら買ってみたくなる馬。追い切りで期待値は大幅に上昇です。

・オースミイージー  評価:B+
7月29日栗東坂路良単走馬なり
4F52.7-3F38.3-2F24.8-1F12.3

1週前調教で坂路4F51.0の好タイム。追い切りでも馬なりの中で警戒な動きを見せてくれました。
7歳馬で久しぶりの芝ですが、1,000万条件は芝1,200mで勝利。今年はダートで準オープンを勝って衰えは感じません。
休み明け成績[0.0.0.6]が懸念されていますが、調教、追い切りの状態を考えれば穴馬の要素を感じられます。

・サカジロロイヤル  評価:B+
7月29日栗東坂路良単走叩一杯
4F52.7-3F38.2-2F24.6–1F12.3

1週前調教でも坂路良を4F51.6で回っていて、絶好調です。昨年は京成杯3着。今年はオープン特別を勝利。
それ以外は2桁着順が多くて安定感を欠くうまですが、今回も穴馬の要素は充分ありそうです。

・サフィロス  評価:B+
7月19日美浦南W良単走強目
6F82.0-5F65.4-4F50.9-3F37.9-1F12.8

9ヶ月の休み明けになる3歳場です。素質だけで見れば間違いなく今回のメンバートップです。スプリンターとしての素質もあり、期待できる馬です。
ただし初めての古馬との勝負など初めてづくしのキャリア4戦馬。休みも長く、普通に考えればいきなりは考えにくいです。
元々調教駆けするタイプではありますが、追い切りは評価できるタイムです。
あとは当日の馬体の絞り具合と気持ちの入り方です。パドック、返し馬で何も気になる点を感じなかったら、少しは買っておきたい注目馬です。

・セイコーライコウ  評価:B
7月29日美浦南W良単走末強目
4F56.1-3F40.9-2F27.2-1F13.6

元々調教駆けしない馬です。昨年の勝ち馬で、今年も好調キープ。動きを見る限り衰えも感じません。
気になるのはいつもよりも調教でよく走っている点。
瞬発力の衰えはなくても、加齢により調整が難しくなってきている面もあるので注視したい。
ちなみに昨年は馬体重前走比-12kgの484kgでした。距離も短くなるので適度に馬体が絞れていると望ましいです。

・ネロ  評価:B+
7月29日栗東坂路良単走馬なり
4F52.8-3F38.1-2F24.8-1F12.8

1週前調教では坂路不を4F49.5で回っていま。これは前走の追い切りと全く同じタイム。
元々調教では良く走る馬で、今回も状態キープです。
直近5戦連続連対の安定感を誇っている馬です。初めての重賞挑戦でも大崩れは考えにくいでしょう。
ただ決めてに欠く部分があるのは確かで大舞台では、頭には持ってきづらい馬です。

・フレイミヘイロー 評価:B
7月29日美浦坂路良併せ馬一杯
4F54.1-3F39.5-2F26.1-1F13.1

前走CBC賞は久しぶりのレースに加えて道悪での大敗。1戦叩いて、今週は26日と29日に坂路2回調教をするなど元気一杯です。
前々走を同じ舞台でオープン勝ちしているので侮れません。

・ヘニーハウンド  評価:B
7月29日栗東坂路良単走馬なり
4F54.0-3F39.2-2F26.0-1F13.3

夏になって状態は上向き。前走の追い切りと比べれば良くなっています。
ただ、今年に入って衰えが出ている事は確かです。
全盛期の頃の走りに比べると劣る面もあり、良くて掲示板まででしょう。

・ベルカント  評価:B+
7月29日栗東坂路良単走一杯
4F52.5-3F37.2-2F23.5-1F11.5

追い切りでは1Fで抜群の反応。1週前調教では坂路4F50.8-1F11.9で回っています。
休み明けから、CBC賞を取り消しましたが、回復も早くCBC賞取り消し後にはすぐに稽古を開始。
調教状態を見ている限り、仕上がりに不安はなさそうです。重賞2勝の実績馬だけに軽視できません。

・マコトヤワラタナ  評価:B+
7月29日栗東坂路良単走末強目
4F51.4-3F37.2-2F24.8-1F12.5

前走に比べて状態は良く、調教のタイムも良好です。CBC賞17着からの巻き返しのチャンスはありそうです。
脚質を考えれば直線の1,000mには若干不安もあります。前の馬がやりあってくれれば少しは見せ場を作れる展開になるかもしれません。

・リトルゲルタ  評価:B+
7月29日栗東坂路良併せ馬末強目
4F53.9-3F38.3-2F24.3-1F11.9

G1を連戦してのローテーション。近走では結果が出ていませんが、元々夏競馬を得意にしている馬です。
調教の動きも目に見えて良くなってきています。
春のG1時の状態ではなく、昨夏の重賞連勝したときの状態に戻ってきました。きになるのは、斤量56kgをこなせるかどうか?

・レイングランド  評価:B
7月22日栗東坂路良併せ馬一杯
4F52.1-3F37.3-2F24.0-1f11.9

今回の登録馬で唯一の木曜追いです。
1週前調教では好タイムをマーク。前走函館SSから好調キープです。

競馬情報会社ランキング