府中牝馬Sでは、有力馬が順調な調教をこなしています。穴馬にはレイカーラがあげられます。

元調教助手が読み解く府中牝馬S

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

第62回府中牝馬ステークスで調教状態が良いのは、アイスフォーリス・スマートレイアー・アミカブルナンバーで、他にもオツウ・レイカーラ・ディアデラマドレあたりに注目です。

10月18日(土)東京11R府中牝馬S

10月18日(土)東京11R

府中牝馬ステークス(G2)

~注目すべき点~

土曜日の東京メインレースの府中牝馬ステークス。
過去のデータを見ると1番人気の勝率が低い傾向もあり混戦・波乱の展開も予想されます。

調教・追い切りで気になった馬は以下の通りです。

・アイスフォーリス

10月16日に美浦南W重馬場で単走軽めの追い切り。
5月に同じ東京2,000m秩父特別で勝利した時以上に状態は良さそうです。
そのレースも直線でなかなか進路があかなくて失速しそうになった状態からの見事な勝ちっぷりは印象が強く、再び同じ東京2,000mで巻き返しを期待したいです。

・スマートレイアー

8月3日以来のレースですが10月に入ってから坂路調教を繰り返しています。
10月15日の追い切りでは馬なりで併せ馬で追わせてまずまずの好タイムと迫力のある走りを見せてくれました。入れ込んでいる様子もなく良い仕上がりになっています。
馬としての素材の高さはこのメンバーでも上位に入っていますし、得意距離の1,800mというところにも注目です。

・アミカブルナンバー

追い切りで目立ったタイムを出したのがアミカブルナンバー
軽めの調教を繰り返した中で10月15日の坂路単走で3F37.7、2F24.5、1F12.3と好タイム。躍動感のある走りで抜群の仕上がりと言えるでしょう。

・オツウ

10月9日の前週調教と10月15日の追い切りでまずまずの好タイムをマーク。
開幕2週目の東京で良馬場が予想される府中牝馬Sでは他に目立った逃げ馬もいなくオツウが気持ちよく逃げられる条件が整っているだけに要注意です。

・レイカーラ

いつも調教では目立ったタイムを出さないのがこの馬の特徴。
休み明けのレースは過去に3戦2勝と好成績を残していて、過去の調教状態と比較すると今回も不気味な存在感を感じます。

・ディアデラマドレ

古馬になってから大きく成長し、6月のマーメイドS(GⅢ)阪神2,000mではアイスフォーリスよりも重い斤量の中で快勝しました。
今回の調教状態も良く10月16日の追い切りでは併せ馬の中2F・1Fではまずまずのタイムを出していて、この馬独特の無駄な力があまり入っていないゆったりとしたフォームで余力を残して走れてました。
マーメイドステークスの時はスタートに成功して中団からレースを運べたように、今回も良いポジションを取れれば勝機有りです。

~予想買い目情報~

◎3枠3番スマートレイアー

馬のポテンシャルも高く調教状態も非常に良いです。前走の内容も悪くなくネガティブポイントがあまりみつからない状況です。

○5枠6番アイスフォーリス

悲願の重賞初制覇に向けて陣営も高い意気込みで望んでいます。状態もここ最近の中では1番良い仕上がりと見れます。

▲1枠1番アミカブルナンバー

距離に不安はありますが、最内枠から先行して楽な展開に持っていければ勝機ありです。調教状態の良さに期待です。

△4枠5番ディアダラマドレ

調教状態も良く、マーメイドステークスの時のような走りをしてくれれば充分にチャンスはあります。

注8枠13番オツウ

大外枠をひいてしまいましたが13頭立てのレースなので充分にチャンスがあります。

キャトルフィーユ・スマートレイアーあたりが後ろからレースを進めて楽な逃げ体制を作れれば面白いです

注7枠10番レイカーラ

この馬は休み明けの時に好走できる性格です。調教もいつも通りの調教といった感じでこの馬の良さがでれば面白いです。

以上の内容を踏まえて

府中牝馬ステークス(G2)

馬連
3-6 2,500円

ワイド
1-6 2,500円
5-10 2,500円

馬単
馬単10番1着→1.3.5.6.13への5点流し
10→1
10→3
10→5
10→6
10→13
各500円

無難にいくなら、馬連で3-6。
レイカーラの一発に期待した馬単流しもオススメです。
紹介した馬を波及させて13頭立てという利点を活かした3連複や3連単に応用するのもよいでしょう。

競馬情報会社ランキング