菊花賞は距離が長く各馬調教が緩めなのもあり、データも兼ねた予想を紹介しています。

元調教助手Y氏が読み解く菊花賞予想

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

元調教助手Y氏が予想する菊花賞は、ワンアンドオンリーを本命にあげますが、不安要素を懸念して15番軸からの3連複10点買いの 予想買い目情報を発信しています。

10月26日(日)京都11R菊花賞(G1)

10月26日(日)京都11R

菊花賞(G1)

いよいよ今年のクラシックも菊花賞を残すのみとなりました。
今年の菊花賞は皐月賞馬イスラボニータが不在となりダービー馬のワンアンドオンリーに注目が集まります。
追い切りデータは、23日掲載のコラムで気になる馬を紹介しております。
全体的には人気各馬はビッグレースだけあって全体的にしっかり仕上てきています。
コラム掲載の追い切り情報と、菊花賞の気になるデータを見つつ予想を組み立てていきます。

~菊花賞レースデータ・傾向~

・1番人気が強いが不安要素も

過去10年データを見ると1番人気の成績は[5.1.1.3]と勝率50%です。
これは非常に優秀な成績と言えますが、だからと言って1番人気を強く推すのは要注意です。
5年ほど前までは10年データ(2014年から換算して5年前~15年前)で1番人気の成績が悪いというデータも出ていました。
それが過去3年の1番人気が3連勝した事で一気に1番人気有利のデータへと変わりました。

過去3年は2011年オルフェーブル2012年ゴールドシップ2013年エビフェネイアといずれも海外のビッグレースに挑戦するなど飛びぬけた実力を持っていた馬が勝っています。

今年の1番人気が予想されるのはワンアンドオンリー。
デビュー当初はそれほど注目されませんでしたが昨年12月のラジオ日経杯を勝って注目を集め、東京優駿・トライアルの神戸新聞杯と連勝して、このメンバーなら敵なしとの見方も多いようです。
1.9倍以下のオッズも非常に高いです。
ただ前走の神戸新聞杯の内容や血統などを見ると、過去の圧倒的な1番人気に推されてきたきた馬に比べると人気が劣るような部分も感じます。

・馬体重の増減

長距離レースとなる為、馬体重が前走比マイナスの馬にはあまり期待ができません。
データを見ると前走比でプラス4kg以上馬体重が増えている馬が好走するようです。調教後発表の馬体重では各馬前走時よりも増やしてきていますが、当日の馬体重にも注目です。

・枠順

コース自体は若干内枠~中枠が有利。
外枠不利なコースとなっていますが、データを見ると内外の優劣が少ない各枠のデータが出ています。
ワンアンドオンリーは7枠15番の外枠をひいてしまいましたが、差しの脚質を考えればあまり気にしなくてよいでしょう。

・神戸新聞杯組が主力

菊花賞で上位に入る馬は神戸新聞杯組が多く過去10年の連対した馬のうち14頭が神戸新聞杯を経ています。
セントライト記念組の成績があまり良くないのも特徴です。

・前走の成績

前走3着以内に好走している馬の成績が良く、過去10年の勝ち馬全てが前走3着以内で連対率・3着内率も高いです。

~予想買い目情報~

追い切りデータとレースデータから予想印を導き出すと以下の内容になります。

◎ワンアンドオンリー

不安要素もありますが、このメンバーなら他に挙げられる本命馬がいないというのが正直な所です。3
着以内は手堅いと見ています。
1番人気のデータの良さもありますので軸として組み立てて良いでしょう。

○サウンズオブアース

本命馬と対抗馬が神戸新聞はいの1着2着と挙げるのも、あまり良くない気もしますが海老名騎手との調教の様子などを見ていても期待したくなります。
比較的器用で自在性も高い馬ですし、ダービーの時からの成長度を考えると1番の対抗馬となるでしょう。

▲ゴールドアクター

調教やレースデータでは飛びぬけたポジティブポイントはありませんが、調教で落ち着いていて、折り合いが付けば3,000mでも最後の直線で余力を残せそうなステイヤー気質の雰囲気に期待します。

△トーホウジャッカル

調教も良く動いていましたし、内枠も印象が良いです。神戸新聞杯と3着以内に入る馬が全く同じという可能性も充分に考えられます。

注サトノアラジン

調教でとにかく良かった馬。
内枠を引きたかった所でポジション取りや折り合いが不安ですが、絶好調なだけに展開が向けばチャンスはあります。

以上の事を踏まえて

菊花賞(G1)

3連複
軸15ー
2-4  4-6  4-10  4-12  4-14
4-16  10-14  2-10  10-12  1-10
以上3連複 15軸からの10点流し各1,000円

ワンアンドオンリーの馬単流しも考えましたが、手堅く好走しそうな馬が他にいなく、1番人気のデータが良いのですが、理論的には波乱が起こる要素がたくさんある長丁場のレースで過去3年1番人気が連勝しているというデータの裏を取った部分もあります。

3着内も含めた3連複でワンアンドオンリーが必ず好走するという仮説を立てて10点予想いたしました。

競馬情報会社ランキング