アルゼンチン共和国杯では、調教良好で内枠を引いたフェイムゲームに注目です。

元調教助手Y氏が読み解くアルゼンチン共和国杯

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

アルゼンチン共和国杯では休み明け1戦叩いたフェイムゲームに期待です。その他ラブリーデイやホッコーブレークなど 斤量57kg組に注目です。

11月9(日)東京11Rアルゼンチン共和国杯(G2)

11月9(日)東京11R

アルゼンチン共和国杯(G2)

~各馬追い切り情報~

日曜日の注目レースは東京競馬場のメインレース。
アルゼンチン共和国杯です。
今週のコラムで追い切りレーポートをさせて頂いてますが、レースデータの紹介と追い切りを簡単に振り返りながら予想していきます。

~調教は注目馬はそれぞれ順調な仕上がり~
注目各馬は水曜日に行われた追い切りでは、まずまずの仕上がりを見せています。
追い切りタイムが良く感じたのは、17番ラブリーデイ。
その他15番ホッコーブレーク・3番フェイエゲーム・11番スーパームーン・9番クリールカイザーあたりもまずまずの仕上がりとなっています。

~外枠は若干不利~

スタート後が長い直線になるとは言え、2,500mという長距離では外枠が不利なデータも出ています。
特にフルゲートとなると8枠の不利は大きいです。
17番デブリーデイに取っては残念な枠順となった他、7枠15番のホーコーブレークは去年のアルゼンチン共和国杯でも大外枠を引いてしまい5着惨敗。
過去に7枠・8枠を引いて勝った事がない馬ですので、印象は悪いです。
その辺、フェイムゲームは2枠3番と良い枠を引いてロスなく折り合いをつけられそうです。
クリームカイザーは5枠9番の中枠を当て、極端な逃げ馬が不在の今回のレースではハナを取る可能性もあります。

~日曜日の東京は弱い雨が降る予報~

先週の予想でも雨の天気予報を考慮した予想をしたら、天気が持って良馬場になったという事もありますが、今週も天気を考慮した情報を予想要素に組み入れたいと思います。
今のところ強い雨は降らない予報ですので、馬場状態はやや重あたりを想定しておけば良さそうです。
13番マイネルメダリストは雨を嫌う傾向があります。
馬場状態よりもレース中に雨が降っているのを嫌がっている様子が過去の湾岸ステークス(雨・良馬場)でも見て取れました。
11番スーパームーンは不良馬場は嫌う傾向がありますが、やや重程度であれば苦にしない様子です。
また、枠順では良馬場であれば若干外枠が不利なデータもありますが、開催5週目の東京競馬場ではコースの内側の芝が荒れ始めています。

これにより、外側を回った方が芝が荒れていないので走りやすいというメリットもありますが、雨が降って馬場状態が悪化すると、芝の内側も外側も同じ条件になってしまうので、より外枠不利な環境になります。

~4歳馬が有利~

過去の連対率を見ると圧倒的に4歳馬が有利なデータが出ています。
今年の4歳馬の出走は
・3番フェイムゲーム
・12番リキサンステルス
・17番ラブリーデイ
・18番マイネルジェイド

~前走で5番人気以上が絶対条件~

過去10年のデータを見ると連対した馬の全てが前走のレースで5番人気以内の馬。
特に前走1番人気馬と2番人気馬の成績が良好です。
前走の人気が6番以下の馬は
・1番サイレントメロディ
・5番ネオブラックダイヤ
・6番コスモロビン
・7番サイモントルアーレ
・8番セイクリッドバレー
・9番クリールガイザー
・10番プレティオラズ
・13番マイネルメダリスト
・14番アドマイヤケルツ
・16番スマートギア
・18番マイネルジェイド

と意外とデータで切り捨てる事ができてしまう馬が多いです。
ちなみに信頼度が高い前回1番人気だった馬は前走ダート条件戦の12番リキサンステルスのみで2番人気が17番ラブリーデイのみ。
これまで顕著に現れてたデータが今年も通用するのかにも注目です。

以上のデータやコラム紹介の追い切り状況を踏まえて馬券を予想していきます。

~予想買い目情報~

◎3番フェイムゲーム

休み明け叩いてのまずまずの調教状態に、非根幹距離の適正。
データに強い内容が揃っていて内枠も引けたフェイムゲームが本命馬です。

○ラブリーデイ

不安要素もありますが、今回のメンバーを見ると前から進められる馬を推しておきたいです。追い切りタイムも良く馬も絶好調です。
スタートダッシュが決まれば勝ち負けの勝負が期待できます。

▲ホッコーブレーク

今年の春の好調ぶりを見ると抑えておきたい馬です。
追い切りでの上がり1Fの反応を見ても鉄砲レースができる環境が整ってます。

△スーパームーン

距離も1度2,400mで好走しているので問題はなさそうです。
先週にスピルバーグ同様藤沢厩舎の緩い調教に期待です。

注 クリールカイザー

追い切りの軽快な動きが印象強く押さえておきたい馬です。
精神面の成長もこういった重賞レースでは役立つでしょう。

以上の事を踏まえて

アルゼンチン共和国杯(G2)

馬連
3-15 3,000円
3-17 2,000円
3-9 1,000円
3-11 1,000円
3-13 1,000円
3-18 1,000円
3-6 1,000円

以上フェイムゲームを軸に荒れる要素も考慮して馬連で手広く買っていきます。
フェイムゲームを思い切って軸にする事でオッズも多少は期待できるのではないでしょうか?

~予想買い目結果~
馬連3-9 15,100円 的中

競馬情報会社ランキング