オリエンタル賞では、薄いメンバーになった事もあり、キミノナハセンターの楽勝ムードが出ています。

元調教助手Y氏が読み解くオリエンタル賞

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

オリエンタル賞では、実力上位のキミノナハセンターに注目です。距離の不安要素が多少ありますが、今回のメンバーであれば本命軸として信頼度は高いです。

11月29日(土)東京10Rオリエンタル賞

11月29日(土)東京10R

オリエンタル賞

29日土曜日に注目したいレースは東京10Rのオリエンタル賞です。
夏~秋にかけて実力を付けた3歳馬が多く出走して見所満載のレースとなっています。
全出走馬の追い切り状況を紹介します。

~注目出走馬~

・1枠1番キュリオスティー
11月27日美浦南W重馬なり
4F62.1-3F45.3-1F14.8
中1週で軽めの調教。ローテーションを考慮しても動きが重そうな印象。
前走は1番人気に推されながらスタートで出遅れて前残りのレースと不利が大きく実力的には巻き返しの
チャンスもあります。

・2枠2番マイネオーラム
11月26日美浦坂路重馬なり
4F63.2-3F46.1-2F30.2-1F15.3
春にはフローラSで3着に入った実力馬。
中2週のローテーションで1週前調教では坂路でまずまずの内容です。

・3枠3番モンプレジール
11月24日美浦坂路良馬なり
4F55.4-3F40.2-2F26.3-1F13.0
中2週で軽めの調教。昇級初戦の前走では着差もあり内容もあまりよくない内容。500万下を勝ったのはダートですが
芝でも走った実績はあります。実力的にはこのメンバーでは劣ります。

・4枠4番コスモチョコレイ
11月24日美浦坂路良馬何人
4F59.1-3F43.8-2F28.7-1F14.4
前走は500万下で11番人気からスローペスからの逃げ切り勝ち。中2週ですので軽めの調教ですが、前走の方が調子は良さそう。
昇級初戦では期待できないです。

5枠5番カムフィー
11月26日美浦南W不馬なり
5F71.1-34F57.0-3F42.8-1F14.5
不良馬場を考えれば前走の追い切りとほぼ同じくらいの評価です。前走は間隔があいて全盛期の体調には遠い中での2着の好走。
前走からの上積みも期待できそうです。

・5枠6番ディアデルレイ
11月26日美浦南W不併せ馬強め
6F80.7-5F66.5-4F52.5-3F39.6-1F14.3
キネオダンサーを1.1秒追走同入。1週前調教の動きも良く好調は維持できています。昇級初戦でもチャンスありです。

・6枠7番イイデフューチャー
11月23日栗東坂路良一杯
4F55.2-3F39.2-2F25.5-1F12.7
500万下を勝った前走とほぼ同じ追い切りタイム。前走は2枠からの好スタートで見事な逃げ切り勝利。展開が向けば
チャンスはあります。

・6枠8番ナスノアオバ
11月26日美浦南W不併せ馬末一杯
6F85.8-5F69.5-4F55.0-3F40.8-1f13.5
場スティードを1.3秒先行同入。中2週ですが前走は休み明けで馬体重プラス14kg。1戦叩いての変貌に期待したい所でしたが
追い切りの動きは悪かったです。1週前調教ではまずまずのタイムだったので前走よりかは期待できそうです。

・7枠9番ヨッヘイ
11月27日美浦坂路不馬なり
4F63.5-3F45.3-2F29.9-1F15.5
追い切りは軽めですが1週前調教では南Wで3F38.9-1F12.7と軽快な動きを見せていました。
前走セントライト記念では相手が強かった。状態は上向いていますし距離適正もあるので巻き返しのチャンスはあります。

・7枠10番ヘルデンテノール
11月26日美浦南W不併せ馬強め
6F83.1-5F67.6-4F52.6-3F38.1-1F12.6
まずまずの追い切りタイムで休み明けですが、しっかり動いています。1月に1,000万条件で勝利をあげていますが、それ以降
不調が続いています。まだ本格的に複調しているとは言えないでしょう。

・8枠11番キミノナハセンター
11月26日美浦坂路重強め
4F56.3-3F40.8-2F26.9-1F13.8
まずまずのタイムで1週前調教でもしっかり負荷をかけています。調教状態を見る限り疲れはなさそうで好調キープしています。
ここまで全成績は[2.3.2.2]今回のメンバー相手ではしっかり勝って準オープンに進みたい所です。

・8枠12番ロジメジャー
11月27日美浦南W重併せ馬馬なり
5F71.2-4F54.6-3F40.5-1F13.5
ベステゲシェンクを0.7秒先行同入。調教駆けする馬ではないですが、1週前調教では前走の追い切りくらいのタイムも出ていました。
1,000万条件で苦戦していますが、今回のメンバー相手ですと上位に食い込める期待値はあがります。

~予想買い目情報~

◎11番キミノナハセンター
対抗馬に位置づくはずだった、ラリングクライが出走回避で楽勝ムードも出てきました。
ここまで大きく崩れたレースは2,000mと不安もありますが、実力は上位。
このメンバー相手であれば期待できます。

○6番ディアデルレイ
夏以降の成長性を高く感じる馬です。休み明け1戦叩いた上積みにも期待。

▲5番カムフィー
東京競馬場の相性が高く、休み明けの2走前は大きく調子を崩していましたが、複調ムードが強く力は持っている馬です。
当日の馬体重にも注目です。

△7番イイデフューチャー
スローペースも予想される今回もハナを取って楽に折り合いがつけば勝機ありです。
展開次第では昇級初戦でも充分にチャンスがああります。

注12番ロジメジャー
1,000万条件で苦戦はしていますが、今回は今までよりも相手が弱く上位に食い込むチャンスありです。

以上を踏まえて

オリエンタル賞

馬単
11→6 3,000円
11→5 3,000円
11→12 2,000円
11→7 1,000円
7→11 1,000円

以上キミノナハセンターを本命に馬単5点買い。
逃げ切り要素があるイイデフューチャーのみ裏も押さえておきます。

競馬情報会社ランキング