中京スポニチ杯はサンプルアミューズとローズミラクルに注目です。

元調教助手Y氏が読み解く中京スポニチ賞

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!

中京スポニチ賞では、混戦ムードが強いですが、その中でも調教状態や調子が良かった馬をピックアップして、ワイドの予想を紹介しています。

1月24日(土)中京11R中京スポニチ賞

1月24日(土)中京11R

中京スポニチ賞

24日土曜日注目のレースは中京スポニチ賞です。
条件戦の中京芝1,200mは坂の影響もあり、多少展開の不利があっても強い馬が勝ちきる事が多いコースです。
調教の状態から調子が良さそうな馬をピックアップしていくと良いでしょう。

~注目出走馬~

~注目馬の調教・追い切り~

・1枠1番ローズミラクル  評価:B+
1月21日栗東坂路稍併せ馬一杯
4F55.1-3F39.5-2F25.3-1F12.8

サンライズポパイ1秒追走0.8秒先着。追い切りで抜群の反応を見せています。
昇級初戦で4着に入った前走時よりも調子は良さそうです。最内枠を取れた事も大きく期待できそうです。

・2枠2番ヤマニンファラオ  評価:C
1月21日美浦坂路良単走馬なり
4F55.8-3F41.4-2F27.4-1F14.1

6ヶ月半の休み明けですが軽めの調教。
2週前の1月8日には多少負荷をかけていますが、休み明け成績[0.0.0.3]の馬で1戦使ってからといった思惑が感じられる調教内容です。

・3枠4番トウシンムサシ  評価:B-
中間軽め

先週500万条件を勝ち連闘で中間軽め。
1戦ごとに良くなっているので、当日のパドックが悪くなければチャンスありです。

・3枠5番サンブルアミューズ  評価:B+
1月21日美浦南W併せ馬強め
5F67.3-4F52.0-3F39.0-1F13.2

リアライズクレア内0.8秒追走0.8秒先着。追い切りでまずまずの好タイム。同条件で4戦連続掲示板圏内と安定感が出てきた馬。
前々走+16kg、前走-10kg。一息入れてしっかり追い切りで良い反応を見せていたので上積みも期待できそうです。

・4枠6番ワールンガ  評価:B-
1月21日栗東坂路稍単走一杯
4F54.5-3F39.3-2F25.7-1F13.2

一杯に追った中では1Fの反応が弱い印象。
前々走から中1週ずつのローテーションで少し疲れも心配か?
力を出せれば上位争いできる馬ですが、多少の割引が必要か?

・5枠8番コスモグラウベ  評価:B+
1月21日栗東坂路稍併せ馬一杯
4F51.8-3F37.9-2F25.6-1F13.4
アルーリングトーン0.2秒遅れ。併せ馬で引っ張られる感じで好タイムマーク。
パドックでイレ込んだ様子がなければ、少しはチャンスが出てきそうです。

・6枠10番ミラクルアイドル  評価:A-
1月21日美浦南W良単走馬なり
5F68.1-4F52.0-3F38.1-1F12.8

1週前調教で南Wで5F65.0の好タイムをマークしています。休み明けのデータも少ない馬ですが、仕上がりは万全でしょう。
新潟1,000mばかり使われていた馬ですので、距離に不安はあります。

・7枠12番サチノクイーン  評価:B-
1月21日栗東坂路稍単走強め  
4F52.8-3F38.4-2F25.3-1F12.8

金曜にも軽めの坂路調教をしています。前走の追い切りが良かっただけに少し落ちた印象。
レース間隔も短くなっていて、一度ピークは過ぎた印象。

・8枠14番アドマイヤサブリナ  評価:B
1月21日栗東坂路稍単走一杯
4F54.1-3F38.5-2F25.6-1F13.0

稽古量も豊富で1週前調教含めてラスト1Fはしっかり反応していました。
休み明け2戦目ですが状態は変わりなく、2走ボケの心配も少なそうです。
前走+30kgから500万条件を勝利。成長性も期待できる馬です。

~予想買い目情報~

◎5番サンプルアミューズ

元々は桜花賞6着に入った実績もる実力馬。ここ最近安定感が増してきたのも好印象。
前走からの上積みも期待でき、好枠を引きたのも大きいです。
今回は相手も弱くなる印象で、同条件突破できる環境が整っています。
今の状態なら大崩れもしにくい馬になっていますので、混戦ムードが強い中京スポニチ賞では最も軸に持って行きやすい馬です。

○1番ローズミラクル

追い切りが非常に良く、最初のコーナーまで短い同コースで最内枠を取ったのもポジティブです。
芝転向で成功した馬で、まだまだ底を見せていません。昇級初戦でも4着と手応えを見せていて、上積みも期待できる今回は更に上昇を期待したいです。
前走から斤量が3kg増える点だけがネックになります。

▲6番ワールンガ

追い切りはイマイチでしたが、同条件で2着2回、3着4回の実績がある馬です。
前走では復調の兆しを見せていて、力を出せれば上位争い。今回のメンバーであれば逃げを試みる可能性もあります。
折り合いがつかないと大崩れの要素もありますが、噛み合ってしまえば勝ち負けの勝負ができる馬です。

△4番トウシンムサシ

年末から調子は右肩上がり。連闘で使ってきたのも、まだ勢いがある証拠でしょう。
昇級初戦ですが、充分にチャンスのある馬。500万下を抜けるのに時間がかかりましたが、成長性も高く末脚勝負の展開になればこのクラスでも充分通用します。

注10番ミラクルアイドル

追い切りタイムが光った馬。久しぶりの周回コースをどう折り合い付けるか?距離延長を克服できるか?など課題も多いですが、成長性も期待できる4歳馬。
一度休んで、しっかり稽古もしてきてますので、変身の可能性も少しあります。

以上を踏まえて

中京スポニチ賞

ワイド
1-5 5,000円
1-4 3,000円
4-5 2,000円

混戦ムードとなっている中京スポニチ賞は荒れる要素も多く、ピンポイントで狙える穴馬も少ないのが現状です。
オッズもある程度割る事を想定して、実力上位で調子が良さそうな馬を3頭ピックアップのワイド3点買いとなっています。

競馬情報会社ランキング