シルクロードステークスは、追い切り内容とレースデータに強い要素が多い馬が注目となっています。

元調教助手Y氏が読み解くシルクロードS

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!

シルクロードステークスでは、追い切りで抜群の動きをしたワキノブレイブや木曜追いで仕上げてきたアンバルブライベンや、エイシンブルズアイにも注目です。

2月1日(日)京都11Rシルクロードステークス(G3)

2月1日(日)京都11R

シルクロードステークス(G3)

~レース特徴~

瞬発力勝負のスプリントでは
調子が良い馬をピックアップする事がより重要になり、調教・追い切りの内容の重要性が高いレースです。
注目各馬の調教・追い切り情報については、今週の追い切りコラムで紹介しています。
サイト内検索で「シルクロード」と検索して閲覧して頂ければと思います。
コースやレースデータも含めて予想をしていきます。

~注目すべき点~

評価:A-
・カオスモス
・ベルカント
・ワキノブレイブ

評価:B+
・エイシンブルズアイ
・サドンストーム
・ニザエモン
・ヘニーハウンド
・マコトヤワラタナ

~5歳馬・6歳馬中心~

過去10年のレースを振り返ってみると、勝ち馬は4歳馬1頭。5歳馬5頭、6歳馬4頭、7歳以上0頭となっています。
連対率・3着内率を見ても、4歳馬・7歳馬・8歳馬以上は全ていまひとつのデータが出ていて、5歳馬と6歳馬中心となります。
今回のメンバーで5歳馬・6歳馬なのは
・アンバルブライベン
・カオスモス
・サドンストーム
・バクシンテイオー
・ベステゲシェンク
・ルナフォンターナ
・ワキノブレイヴ

~中6週以上のローテーションが良い~

過去5年の勝ち馬は全て中6週以上のレース間隔をあけています。
スプリントの重賞がない、12月や1月にしっかり休みを取ってリフレッシュした馬がここでは活躍する傾向があります。
今回のメンバーで中6週以上のローテーションは
・スギノエンデバー
・バクシンテイオー
・セイコーライコウ
・プリンセスメモリー
・ペステゲシェンク
・ヘニーハウンド
・ベルカント
・マジンプロスパー
・ルナフォンターナ
・ワキノブレイブ

~前年重賞4着以内の実績が必要~

過去5年の勝ち馬は全て前年で重賞4着以上の実績がある馬。昇級初戦や、重賞初挑戦などの穴馬が勝つ事は少ないです。
このデータと連動して、過去10年で斤量53kg以下の馬が一度も連対していないというデータもあります。
ここのレースでは、実績馬中心で考える事が無難となりそうです。最低でもオープン特別勝利の実績は欲しい所。
今回のメンバーで前年重賞4着以内の実績がないのは

・ニザエモン
・バクシンテイオー
・プリンセスメモリー(オープン勝ちあり)
・ブルーストーン
・ベステゲシェンク
・ヘニーハウンド(オープン勝ちあり)
・メイショウツガル
・ルナフォンターナ(オープン勝ちあり)
・ワキノブレイブ(オープン勝ちあり)

~予想買い目情報~

◎5番ワキノブレイブ

追い切りで好タイムをマークした5歳馬のワキノブレイブは、ゆとりあるローテーションで好走する事が多い馬。
3走前の京洛Sではエイシンブルズアイやルナフォンターナなどもいる中で勝利を挙げています。その時に比べて斤量は2kg増えますが、今の状態だったら充分カバーできそうです。
重賞でも差のないレースをしていて、決して実力は劣っていません。レースデータから見ても、相性が良く追い切りで抜群の動きをした今回は本命馬として期待します。

○9番エイシンブルズアイ

調教内容も良く、前走で叩いた上積みも期待できます。レースデータには逆行している面もありますが、順当に行けば実力は上位で、不利な展開にならなければ勝ち負けのレースを期待できる馬。
一部弱いデータがあるからと言ってもローテーションや調教・過去の戦歴を見て、セオリー通りの予想であれば、本命推しになる馬です。

▲3番アンバルブライベン

追い切りコラムには書けませんでしたが、木曜木曜追いで坂路1F11秒7の抜群の動きを見せました。
水曜時点で書いたお切りコラムでは、評価:Bと紹介しましたが、情報修正でA-くらいは評価できる内容。
前走は栄進ブルズアイに負けましたが、今回はハンデが軽くなります。
エイシンブルズアイが斤量増となる事を考えれば、巻き返しの要素は充分。順当に行けば勝ち負けの勝負ができるでしょう。

△2番サドンストーム  

追い切りの動きま評価できる内容で、レース間隔以外のデータでは良好な内容。
前走は2ヶ月半ぶりのレースを叩いているので上積みも期待できます。
京阪杯2着の実績もあり、昨秋から成長性も高く感じられる馬です。状態が良いここでは上位争いできる要素が充分あります。
斤量も前走から1kg減るのはポジティブです。

以上を踏まえて

シルクロードステークス(G3)

3連複

3-5-9  4,000円
2-5-9  3,000円
2-3-5  2,000円
2-3-9  1,000円

以上3連複4点買い。実質4頭BOXの組み合わせとなっています。
有力馬が内枠に固まった事もあり、状態が良く、データからのレース適性に期待できる馬で重点勝負です。
上位争いが熾烈になる要素もあり、3連複で勝負です。

競馬情報会社ランキング