クイーンカップではロカとキャットコインの2頭の素質馬に注目をした予想をしています。

元調教助手Y氏が読み解くクイーンカップ

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

クイーンカップでは、注目の素質馬のロカとキャットコインに注目です。どちらもスタートに不安がある馬ですが、クラシックに向けて弾みの付くレースになる事を期待します。

2月14日(土)東京11Rデイリー杯クイーンカップ(G3)

2月14日(土)東京11R

デイリー杯クイーンカップ(G3)

~レース特徴~

土曜日の東京メインは3歳重賞のクイーンカップが開催されます。
年末の阪神JFで1番人気に推されながら惨敗したロカや、注目の新勢力など見所が多く、調教状態にも注目が集まっているレースとなっています。

~注目すべき点~

・1番シングウィズジョイ   評価:A-
2月11日栗東坂路良併せ馬一杯
4F52.7-3F38.6-2F25.2-1F12.7

追い切りでまずまずの好タイム。1週前調教でもCW重を馬なりで6F81.5の好タイムをマークしています。
レース間隔はあきましたが、成長性も期待できる内容。
前走の追い切りは坂路一杯4F56.1でしたので、明らかに今回の方が期待できる内容です。

・2番ダノングラシアス   評価:B+
2月11日栗東坂路良併せ馬一杯
4F52.1-3F38.6-2F25.3-1F12.4

追い切りで好タイムをマーク。レース間隔は空きましたが仕上がりは良好です。
前走阪神JFでは大敗ですが折り合いさえ付けば力はある馬です。

・3番スマートプラネット  評価:B
2月11日美浦坂路良単走馬なり
4F54.1-3F39.7-2F26.3-1F13.4

1週前調教で南W併せ馬でコスモナインボールに0.2秒先行0.2秒遅れという内容が少し気になりますが、
元々調教ではあまり走らない馬。阪神JFでもラスト200mまでは粘れていたので、もう少し粘りが出せれば。

・4番ロッカフラベイビー  評価:B
2月11日美浦南W良併せ馬馬なり
5F67.8-4F51.8-3F39.0-1F13.6

追い切りではまずまずのタイムで併せ馬シンキングローズ0.5秒追走0.1秒先着。
レース間隔が空いた事を考えればもう少し調教の負荷をかけても良い印象もありますが、太くなる馬ではなく、すぐに動けるタイプと陣営がコメントしています。

・6番キャットコイン   評価:B
2月11日美浦P良併せ馬馬なり
5F65.6-4F51.6-3F38.6-1F12.1

いつもどおりのPコース主体の調教。こういった調教でこれまで強い競馬を見せているので今回も期待できます。

・8番ブルックデイル  評価:B+
2月11日美浦南W良併せ馬直一杯
5F67.3-4F52.7-3F38.3-1F12.6

3ヶ月の休み明けですが、稽古量も豊富で追い切りタイムは前走よりも良いです。ラスト1Fの反応も良く仕上がりは万全。
持ち時計は今回のメンバー最速で、成長性も感じられる馬です。

・11番ロカ  評価:B
2月11日栗東坂路良併せ馬馬なり
4F55.5-3F39.8-2F25.5-1F12.6

オレンジブーケを0.6秒追走1.2秒先着。追い切りタイムは前走とほぼ同じといった内容。
新馬戦で圧倒的な実力を見せながら、前走では大きな出遅れ。
調教状態を見れば、全く波はなく、実力を出し切れるレースさえできれば。

・12番クイーンズターフ  評価:B+
2月11日栗東坂路良併せ馬末強め
4F52.7-3F38.7-2F25.5-1F13.0

追い切りタイムは前走以上。状態は良さそうです。ここまで後ろからの競馬しかできていない脚質ですが、
展開が向けば多少のチャンスはありそうです。

・13番アンドリエッテ  評価:B+
2月11日栗東坂路良併せ馬強め
4F54.1-3F39.9-2F25.5-1F12.5

追い切りでは前走以上のタイムをマーク。多少レース間隔は空きましたが、充分期待できる調教内容となっています。

・14番ミッキークイーン  評価:B+
2月11日栗東CW良併せ馬末強め
6F83.0-5F66.1-4F51.0-3F38.0-1F12.1

レース間隔はあきましたが、追い切りでしっかり追って仕上がった印象。
最近注目度が増しているトーセンマタコイヤが全兄にいる馬。
成長性も大いに期待できます。

・15番カービングパス  評価:B
2月11日美浦坂路良併せ馬馬なり
4F55.3-3F39.3-2F25.3-1F12.5

レッドライジェルを0.5秒追走0.1秒先着。追い切りはまずまずの動き。前走フェアリーSは8着ながら0.4秒差のレース。
巻き返しのチャンスは充分ありそうです。

~予想買い目情報~

◎11番ロカ

キャリア1戦ながら底知れぬ素質で1番人気に押された阪神JFで、スタート大きく出遅れて阪神競馬場全体がどよめいたのは記憶に新しいレースです。
スタート直後に馬が暴れる癖がありますが、キャリア3戦目で多少は改善も期待できます。
輸送や折り合いなど、ゲート以外にも課題はたくさんありますが、それでも力を出せればこのメンバー相手でも力でねじ伏せる事ができるだけの素質を持っています。
キャットコインと2強ムードが出ていますが、素質という面ではロカが上と評価できます。
クラシックへと進んで欲しい馬ですし、ここでは再び圧巻のレースを見せてもらいたい所。
デビュー戦を見れば多少外めの枠の方が現時点としては合う気もします。

○6番キャットコイン

ここまで2戦2勝。
そのどちらもスタートが悪かった事を考えれば、実力は非常に高い馬。
スタートに成功すればこのメンバー相手でも圧勝する可能性すらあります。
調教は可もなく不可もなくといった内容ですが、多少の不利がありながらの2戦2勝では、重賞となる今回でも大崩れは考えにくい。
◎○の二つの予想印は前評判どおり、注目の素質馬2頭に付けておきたいといった内容です。

▲13番アンドリエッテ

前評判では評価が低い馬ですが、同じようなキャリアを積んできたミッキークイーンはトーセンマタコイヤの全妹という血統から、それなりに注目されています。
このミッキークイーンと比較すれば、同じディープ産駒で、体格も同等。
成長性という面では新馬戦の馬体が小さかったアンドリエッテの方が期待できる要素もあります。
追い切り状態も良く、好調な様子を見れば単穴候補としては狙い目の1頭です。

△1番シングウィズジョイ

追い切り状態が良かった馬。前走アルテミスSでは外から被せられ後退してしまったのが敗因。
器用さには欠け、まだ青さも残りますが、スムーズに走れればこのメンバー相手でも充分に勝機ありです。
休み明けでも仕上がりは万全。最内枠をひけた事で、現時点では条件が整っています。
安定感という面では、不安もありますが、抑えておきたい1頭です。

以上を踏まえて

デイリー杯クイーンカップ(G3)

馬単

11→6 4,000円
6→11 3,000円
11→1 2,000円
11→13 1,000円

以上馬単4点買いで勝負です。
クイーンCは過去10年馬単の万馬券がなしと堅いレースが多い傾向があります。
1番人気・2番人気の成績も良好で、ロカとキャットコインの両方が崩れる事は考えにくい。
安定という面ではキャットコインの方が上かもしれないですが、馬単という特性を考えれば1着の期待が大きいロカを軸に考えていきます。
余裕があれば6→1や6→13くらいまで押さえておきたいが、6ー11の裏表を抑える事を考えれば多少購入点数を絞りたい所。
オッズ次第では馬連の併用や、購入点数を広げる等の調整も有効になるでしょう。

競馬情報会社ランキング