中日新聞杯は、単勝・ワイド各1点に絞った重点予想を紹介しています。

元調教助手Y氏が読み解く中日新聞杯

  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

中日新聞杯では、調教・追い切りが良かったサングレアルを本命にした予想となっています。その他デウスウルト・ミトラ・ダノンジェラードにも注目です。

3月14日(土)中京11R中日新聞杯(G3)

3月14日(土)中京11R

中日新聞杯(G3)

~レース特徴~

14日土曜日は第3場開催で開幕週にもなる中京競馬場で重賞の中日新聞杯が開催されます。
注目馬の追い切り情報は今週の追い切りコラムで紹介しています。サイト内検索で「中日新聞杯」と検索して閲覧して頂ければと思います。

~出走馬の調教・追い切り~

評価:A-
サングレアル

評価:B+
・キングスオブザサン ・デウスウルト  ・マイネルミラノ  ・ユールシンキング

~斤量57kg以上は割引~

過去10年で斤量57kg以上背負った馬は[0.1.0.9]と不調。
54kg~56kgが好走している条件となっています。
今回57kg以上のハンデを背負うのは
・ディサイファ ・ユールシンキング  ・ヒットザターゲット  ・ミトラ  
の4頭になります。

~差しも決まりやすい~

直線が比較的短い中京競馬場ですが、1角2角が緩やかな上り坂。3角から4角は緩やかな下りで、最後の直線では勾配2.0%の
中央競馬では中山に次ぐ急坂があります。
最大高低差3.5mで前半にも上り坂でスタミナを使うタフなコースな事から、クラスが高い程差しが決まりやすいコース特徴と
なっています。

~予想買い目情報~

◎2番サングレアル

今回一番調教・追い切りが評価できた馬。2,000mで開催された秋華賞で5着の実績もあり、
ここに来て明らかに調子を上げてきています。
お尻の感じも3歳の時よりも良くなっているのが明白で成長性も感じられる馬。
開幕週の中で好枠を引いた事や53kgの斤量も評価できます。
過去に重賞フローラSで鉄砲レースをして制した実績と、今回の中間気配を見れば充分に勝てるチャンスあり。
過去4年の勝ち馬の人気を見ると⑩⑤⑥⑪という人気の馬が勝っている波乱も起こりやすいレース。
それほど上位人気にならない低ハンデ馬だけに一層期待したいです。

○10番デウスウルト

昨秋に準オープンを勝ってひと皮剥けた馬です。その後重賞では2着、3着と来ていて、前走ではメンバー唯一の上3F33秒台をマーク。
力はメンバートップクラスと評価できます。
左回りも過去4戦で2連対と適性にも問題なし。中京は初挑戦ですが差しも決まりやすいコースだけに期待できそうです。
レース間隔も多少空いた方が良い馬で、追い切りでも好調キープを伺える軽快な走りを披露してくれました。
直近2走で重賞の実績もある中斤量55kgはポジティブに捉えられる内容。手堅く上位に食い込んでくる事を期待できそうです。

▲14番ミトラ

7歳馬となりましたが、前走AJCCでも2着に入るなど衰えを全く感じさせていません。
実力や実績を見れば最有力候補とも言える馬ですが、調教と追い切りの動きを見ると、不安な面もあり割引をしての
単穴候補です。
調教がイマイチでも、7歳馬だけに本番でガラリと変われる可能性もある馬ですが、57.5kgのハンデは若干厳しい印象。
スタミナ切れで崩れる事も多い馬だけに、馬券圏外に沈む可能性もしっかり認識しておきたい所です。

△5番ダノンジェラート

一昨年の菊花賞7着のあと、9戦連続3着以内という驚異的な安定感を残しています。この9戦は全て条件戦ですが、もともとは
重賞でも通用する実力を持っている馬。
こういった馬が、第3場開催の重賞で勝ってしまう事はよくあります。
中間の気配もいつもどおりで力は出せる状態。
過去9戦を振り返ると勝ちきれない面があるとネガティブに捉える事もできますが、9戦全て1番人気だった事を考えればマークが薄くなり、
ノビノビ走れる可能性もあるとネガティブに捉えたい馬。
単穴軸で狙ってみても面白い馬です。

~予想買い目情報~

◎2番サングレアル

今回一番調教・追い切りが評価できた馬。
2,000mで開催された秋華賞で5着の実績もあり、ここに来て明らかに調子を上げてきています。
お尻の感じも3歳の時よりも良くなっているのが明白で成長性も感じられる馬。
開幕週の中で好枠を引いた事や53kgの斤量も評価できます。
過去に重賞フローラSで鉄砲レースをして制した実績と、今回の中間気配を見れば充分に勝てるチャンスあり。
過去4年の勝ち馬の人気を見ると⑩⑤⑥⑪という人気の馬が勝っている波乱も起こりやすいレース。
それほど上位人気にならない低ハンデ馬だけに一層期待したいです。

○10番デウスウルト

昨秋に準オープンを勝ってひと皮剥けた馬です。その後重賞では2着、3着と来ていて、前走ではメンバー唯一の上3F33秒台をマーク。
力はメンバートップクラスと評価できます。
左回りも過去4戦で2連対と適性にも問題なし。中京は初挑戦ですが差しも決まりやすいコースだけに期待できそうです。
レース間隔も多少空いた方が良い馬で、追い切りでも好調キープを伺える軽快な走りを披露してくれました。
直近2走で重賞の実績もある中斤量55kgはポジティブに捉えられる内容。手堅く上位に食い込んでくる事を期待できそうです。

▲14番ミトラ

7歳馬となりましたが、前走AJCCでも2着に入るなど衰えを全く感じさせていません。
実力や実績を見れば最有力候補とも言える馬ですが、調教と追い切りの動きを見ると、不安な面もあり割引をしての単穴候補です。
調教がイマイチでも、7歳馬だけに本番でガラリと変われる可能性もある馬ですが、57.5kgのハンデは若干厳しい印象。
スタミナ切れで崩れる事も多い馬だけに、馬券圏外に沈む可能性もしっかり認識しておきたい所です。

△5番ダノンジェラート

一昨年の菊花賞7着のあと、9戦連続3着以内という驚異的な安定感を残しています。
この9戦は全て条件戦ですが、もともとは重賞でも通用する実力を持っている馬。
こういった馬が、第3場開催の重賞で勝ってしまう事はよくあります。
中間の気配もいつもどおりで力は出せる状態。
過去9戦を振り返ると勝ちきれない面があるとネガティブに捉える事もできますが、9戦全て1番人気だった事を考えればマークが薄くなり、ノビノビ走れる可能性もあるとネガティブに捉えたい馬。
単穴軸で狙ってみても面白い馬です。

以上を踏まえて

中日新聞杯

単勝・ワイド

単勝  2番 サングレアル   5,000円
ワイド 2-10   5,000円

以上単勝、ワイド各1点で勝負です。
混戦ムードの強いハンデ戦は、斤量の不利がない、追い切りがよかった素質馬と、安定感の期待できる遅咲きの成長株に期待します。
できれば、ダノンジェラートあたりも抑えたい所ですが、混戦ムードも強く、幅広く買う事も資金配分の難しさが出てしまうレース。
こういった面も含めて、半分は信頼性が高い馬とのワイドを活用した重点集中で勝負します。

競馬情報会社ランキング