フラワーカップの予想は2点軸の強気な馬単勝負の買い目情報となっています。

元調教助手が予想するフラワーカップの買い目と追い切り情報

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析

元調教助手がフラワーカップの調教診断をした内容では、アルビアーノが特に高く評価できる内容でした。その他、芝初挑戦の馬の走り方分析など予想に役立つ幅広い情報を初回してます。

3月21日(土)中山11Rフラワーカップ(G3)

3月21日(土)中山11R

フラワーカップ(G3)

~レース特徴~

祝日の土曜日21日の中山メイン競走は3歳牝馬重賞のフラワーカップが開催されます。
実績が少ない馬中心のレースは調教状態の見極めが重要なレースとなります。

~出走馬の調教・追い切り~

・1番アルビアーノ  評価:A-
3月18日美浦南W良併せ馬末強め
5F69.5-4F53.5-3F38.7-1F12.0

追い切りでも、ラスト1Fで抜群の反応。一週前調教は南W5F68.0で回っていて、前走からの成長性も感じられます。
2戦2勝でまだ底を見せていない馬。距離延長でも調教の動きを見ると期待できそうです。

・2番ローテッド  評価:B+
3月18日栗東坂路良単走稍一杯
4F54.0-3F39.2-2F25.6-1f13.0

あまり調教駆けする馬ではないですが、しっかり負荷のかかった調教ができた印象。
前走フェアリーS2着とメンバーの中では実績がある馬。状態は今回も良さそうです。

・3番ノットフォーマル  評価:B
3月18日美浦南W良併せ馬馬なり
5F69.6-4F54.5-3F39.9-1F13.1

追い切りタイムは平凡ですが、併せ馬ではミショウポピュラの外0.4秒追走0.6秒先着とまずまずの反応。
前走フェアリーSを勝って現時点でも桜花賞への可能性を持っている馬。
無理をさせない調教の印象ですし、前走が馬体重-8kgなので、馬体を戻せば上積みも期待できます。

・5番アースライズ  評価:B+
3月18日栗東坂路良併せ馬馬なり
4F53.6-3F39.1-2F25.3-1F12.3

3ヶ月の休み明けですが、追い切りでは軽快な動き。放牧前に比べても成長性を感じられる内容。
前々走の休み明けの状態とは今回は違う印象。穴馬の要素はあります。

・6番アフェクシオン  評価:B+
3月18日美浦南W良併せ馬馬なり
5F67.5-4F51.8-3F37.8-1F13.4

追い切りでまずまずの好タイム。一週前調教では南W6F調教をこなしているのも好印象。
中山へのコース替りで、変身した馬。今回も一発の要素は持っています。

・7番ジュエルメーカー  評価:B+
3月18日栗東CW良併せ馬馬なり
6F83.0-5F67.3-4F52.7-3F38.8-1F12.7

併せ馬エキストラゴールド外1.8秒先行0.1秒先着。併せ馬の相手も良くまずまずの好タイム。当日馬体重を戻せれば前走からの
上積みも期待できます。芝初挑戦ですが、走り方を見ると適性も期待できる馬。
前走も3着以下を大きく引き離したレース内容だけに穴馬の要素はあります。

・8番サトノフラッシュ  評価:B
3月18日栗東坂路良併せ馬一杯
4F54.0-3F38.9-2F25.6-1F13.0

唯一キャリア1戦の馬。追い切りタイムは4Fでベストタイムとはなりましたが、1Fで少しバテていたのも気になります。
デビュー戦は強い逃げ切り勝ちでしたが、今回は相手が強くなる中で折り合いがつけられるかがポイントです。

・10番ホワイトフーガ  評価:B+
3月18日栗東坂路良併せ馬馬なり
4F53.8-3F39.2-2F25.4-1F12.4

坂路2回調教を繰り返して仕上げてきました。追い切りの併せ馬では良い反応を見せていて仕上がりは良さそうです。
芝初挑戦ですが、大型馬でスピードはないですが、大きなストライドが特徴の馬。消耗戦になれば、充分チャンスはありそうです。

・12番ディアマイダーリン  評価:B+
3月18日美浦南W良単走馬なり
4F53.7-3F39.2-2F25.5-1F12.9

追い切りタイムはほぼ前走と同じ。評価できたのは一週前調教で南W良を6F82.2で回っています。
休み明けですが、ばっちり仕上がった印象。馬体も一回り大きくなり、馬体重はそれなりに増やしてきそうですが、成長性も感じられます。
馬体重ではなく、パドックでの印象を重視したい馬。
有力馬が内枠に固まる中、外枠を引いてしまったのは割引も必要。ただ、内枠馬同士の先行争いが激化すればチャンスはありそうです。

・14番ロッカフラベイベー   評価:B
3月18日美浦坂路良併せ馬馬なり
4F55.0-3F40.9-2F26.4-1F12.7

坂路中心の調教。中間の気配もまずまずといった内容。前走も差が大きかったレースではなく、展開が向かなかった面もあります。
距離延長は歓迎といった印象。直線である程度早めに仕掛けられるかがポイントとなります。折り合いさえついてしまえば、素質は高い馬。
期待できます。

・15番カゼルタ   評価:B-
3月18日栗東坂路良単走馬なり
4F55.6-3F39.5-2F25.1-1F12.4

前走休み明けで変身した馬。前走の追い切りが良かっただけに2走ボケが心配な印象も。
外枠の割引材料もあり、今回は控えめに見ておきたい。

~予想買い目情報~

~予想買い目情報~

◎1番アルビアーノ

調教・追い切りの動きもよく、逃げの脚質で最内枠、中山内回り1,800mの特性を考えても有利な要素は強いです。
実力もある馬。先行争いが激しくなる可能性もありますが、スムーズに前のポジションで折り合えれば、このメンバー相手でも、1着候補として期待できそうです。

○12番ディアマイダーリン

4ヶ月の休み明けですが、成長性も感じる馬。
元々1戦毎に成長性も感じられた馬だけに重賞初挑戦のここでもいきなり通用する可能性はあります。
藤沢厩舎の馬で本来はクイーンカップを目指したが、無理をさせずにフラワーカップにスライドさせた経緯もあります。
中間の気配も良く当日太め感の印象さえ少なければ上位争いが期待できそうです。

▲10番ホワイトフーガ

芝初挑戦ですが、走り方を見ていると、中山の芝コースにハマってしまいそうな予感もあります。
稽古量も豊富で追い切りでは軽快な走りを見せてくれました。
今回は逃げ・先行馬が多いですが、消耗戦の戦いになれば、大きなストライドで走るホワイトフーガにもチャンスが巡ってくる可能性はあります。
単穴候補として、期待できそうです。

△14番ロッカフラベイビー

素質はありながら、結果がでせてこれなかった馬。それでも今回は距離延長がきっかけとなって、変身する可能性もあります。
折り合いに不安要素があった馬だけに蛯名騎手への乗り替りも期待できます。

以上を踏まえて

フラワーカップ

馬単

1着軸 1番アルビアーノ→相手 2.3.7.8.10.12.14 合計7点流し 各1,000円
1着軸 10番ホワイトフーガ→相手 全通り総流し  合計15点 各200円

以上馬単流し買いで勝負。軸馬は最内枠の逃げ馬で1着軸としての期待が高いアルビアーノと、単穴要素に期待のホワイトフーガ。
フェアリーS組みは前走は展開が味方した印象もあり割引。2着の相手で押さえる程度となっています。

競馬情報会社ランキング