NHKマイルカップでは、3戦3勝の牝馬アルビアーノが3着以内に残る事を予想しています。

元調教助手が予想するNHKマイルカップの買い目と追い切り情報

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め

NHKマイルカップの追い切りは、ヤマカツエースとアルビアーノが特に評価できる内容。その他の注目馬もまずまずの仕上がりになっていました。

5月10日(日)東京11RNHKマイルカップ(G1)

5月10日(日)東京11R

NHKマイルカップ(G1)

~レース特徴~

春のG1レースも中盤に入ってきて、今週は東京芝1,600mでNHKマイルカップが開催されます。
2004年の勝ち馬キングカメハメハや、2008年のディープスカイが日本ダービーに出走して連勝するなど、マイル最強だけではなく、3歳最強馬の日本ダービーを占うレースとしても注目度が高まっています。
前走5着以下の注目馬も多く、調教状態が重要なレースになりそうです。

また、NHKマイルカップは今週は血統鑑定士S氏のコラムでも紹介されています。
有益な情報が盛りだくさんですので、血統鑑定士S氏のページより、ご閲覧ください。

~出走馬の調教・追い切り~

・1番アヴニールマルシェ  評価:B
5月6日美浦南W良併せ馬馬なり
4F53.1-3F39.1-1F12.9

藤沢厩舎の馬で、調教もローテーションもかなり余裕がある内容。
調教タイムだけでは、判断できる材料はないですが、大事に育ててここに照準を合わせてきた馬。
素質は高いので期待はできそうです。あとは当日のパドック次第です。

・2番グランシルク  評価:B+
5月6日美浦南W良併せ馬末強め
5F67.5-4F52.2-3F38.1-1F13.1

前走と比べても動きが軽快になった印象。ここまで抜群の安定感を誇る馬で、仕上がりを見れば大崩れはなさそうです。

・4番グァンチャーレ  評価:B
5月6日栗東CW良併せ馬強め 
7F98.1-6F82.1-5F67.6-4F52.9-3F38.9-1F12.5

追いきりタイムはまずまずですが、併せ馬スワーヴジョージ外0.7秒先行0.3秒遅れという内容が
若干気になりました。デリケートな馬ですので、当日の馬体重とパドックの様子が重要です。
金曜追いもこなしています。

・7番クラリティスカイ  評価:B
5月6日栗東坂路良併せ馬強め
4F53.6-3F38.9-2F25.6-1F13.1

前走の追い切りはPコースで軽快な動きを見せていましたが、今回は皐月賞から中2週。
この程度の調教で充分な内容で、動きが悪い訳ではありません。
距離短縮もあり、当日馬体重が減る分には問題はありませんが、パドックでふっくら馬体を見せられるかがポイント

・9番アルビアーノ  評価:A-
5月6日美浦南W良併せ馬末強め
5F68.2-4F52.9-3F37.7-1F11.8

追い切りが非常に良かったです。特に1Fの反応が素晴らしく、状態は前走以上です。
ここまで3戦3勝。前走は馬体重-12kgの中での快勝。
この追い切り内容でいくらか馬体重を増やしてこれれば、更に期待値上昇です。

・10番アルマワイオリ  評価:B
5月6日栗東CW良併せ馬馬なり
6F85.3-5F69.0-4F53.2-3F38.9-1F12.2

前走の追い切りはCW不6F84.6-1F12.7でタイムは若干落ちますが、1Fの反応はよく評価できる内容です。
好調キープ。大きい舞台でも結果を出してきた馬だけにここでも期待できます。

・11番ヤマカツエース  評価:A
5月6日栗東CW良単走叩一杯
6F80.2-5F64.7-4F51.0-3F37.9-1F12.1

追い切りがとにかく良かった馬。前走NZTを勝った勢いは衰えず、追い切りの動きは今回の方が良いです。
過去2戦で馬体重を10kg減らしているので、馬体を増やしてくる事ができれば、より期待できます。
馬体が減ったり、パドックで細い印象があれば、入れ込み過ぎの懸念が出てきます。

・12番ミュゼスルタン  評価:B
5月6日美浦芝良併せ馬馬なり
5F65.8-4F51.0-3F36.7-1F11.8

芝コースでの追い切り。1週前調教では、南Wを6F83.8でこなしていました。
若干ですが休み明け2戦目の上積みがありそうです。
前走よりも調教全体が積極的な印象です。

・14番ヤングマンパワー  評価:B
5月6日美浦南W良併せ馬強目
5F68.1-4F52.6-3F38.4-1F12.8

1週前調教では南W6F82.8とまずまずの内容。追い切りでは若干動きが重たく感じましたが、
許容範囲内でしょう。前走は渋い馬場が敗因。巻き返しのチャンスはあります。

・15番フミノムーン  評価:B+
5月6日栗東坂路良単走馬なり
4F56.0-3F40.4-2F25.9-1F12.6

ここまで負荷のかけた調教をしてきませんでしたが、1週前調教で叩一杯で坂路52.7の自己ベストをマーク。
G1という事で、これまでにない力の入れた調教で仕上げてきました。
一杯に追ってもバテる様子もなく、軽めの追い切りも1Fではまずまずの走りを見せていました。

・16番ダノンメジャー  評価:B
5月6日栗東坂路良併せ馬強目
4F52.7-3F39.0-2F25.5-1F12.8

1週前調教では稍一杯の中で坂路1F14.0と不安の残る印象でしたが、追い切りではしっかり反応していました。
出走登録された時点では期待していた馬でしたので、外枠が若干残念な印象。
素質は高い馬なので、本来の力を取り戻せるかがポイント。

~予想買い目情報~

~予想買い目情報~

◎9番アルビアーノ

3戦3勝の牝馬。過去10年で牝馬は2勝していますし、今の京都の馬場なら、いつもどおりの逃げ切り勝ちが期待できます。
前評判やキャリアを考えると、本命候補までは思っていませんでしたが、追い切り状態を見れば勝ち負けの勝負ができそうと評価できる内容でした。
馬体重が減った場合は見直しが必要です。

○10番アルマワイオリ

朝日杯FS2着の実績や、今年に入っても重賞で安定して上位に入っている事を考えれば、はずせない一頭。
レースデータを見ても、悪いデータにほとんど該当していませんでした。
中枠を引けた事もあり、3着以内に手堅く入ってくる馬として期待します。

▲1番アヴニールマルシェ

この馬の良い所や期待できる所は、ほとんど血統鑑定士S氏のコラムでも紹介されていますが、パンパンの馬場であれば、強い馬が相手でも勝ち負けの勝負ができるという所。
2歳のデビュー当初は、世代ナンバーワンとの呼び声もあった、高い素質を持っている馬。
初の重賞制覇をG1で制す事ができるかに注目です。

△11番ヤマカツエース

追い切りがとにかく良かった馬。馬体重を増やすことができて、パドックや返し馬で落ち着いていれば、オッズを見ながら積極的に狙いたい馬です。
NZTで課題の距離を克服しています。スピード勝負であれば、スプリント適性も強い分、期待できます。

注1 16番ダノンメジャー

2歳時の実績や、血統による適性。初挑戦の距離に武豊騎手への乗り替わりなど、変身できる要素を多数持っています。

注2 15番フミノムーン

そこそこ、人気が出る事も予想される注目馬ですが、1週前調教の印象が気になりました。
良い方向にいけば、今まで以上の力を出せる可能性があります。

以上を踏まえて

NHKマイルカップ

複勝・単勝

複勝9番アルビアーノ  8,000円
単勝9番アルビアーノ  1,000円
単勝16番ダノンメジャー 1,000円

以上、複勝、単勝合わせて3点買いで勝負です。
混戦ムードが強い中で、3連勝の安定感と脚質を考慮してアルビアーノを軸で複勝オッズ3倍くらいは期待できると
過程。手堅く取りに行く中で、単勝も絡めてプラスアルファを狙います。

~予想買い目結果~
複勝9番アルビアーノ 20,800円 的中

競馬情報会社ランキング