鳴尾記念で調教状態が良かったのはトウケイヘイローとアズマシャトルです。

元調教助手が予想する鳴尾記念の買い目と追い切り情報

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析

鳴尾記念では、9ヶ月半の休み明けながら、調教で好タイムを出したトウケイヘイローを本命にエアソミュール、ラブリーデイなどの注目馬を絡めた3連複の買い目予想になっています。

6月6日(土)阪神11R鳴尾記念(G3)

6月6日(土)阪神11R

鳴尾記念(G3)

開幕週になる阪神競馬場では、土曜日メイン競走でG3、芝2,000mの鳴尾記念が開催されます。
鳴尾記念は、2012年に開催時期が12月から6月に変更され、距離も1800mから2000mへ延長されたことで、宝塚記念の重要な前哨戦という位置付けになっています。
レースデータは少ないですが、阪神芝2,000mは今回のレースで使われるAコースでは逃げ馬が有利なデータも出ています。
エアソミュールの1強ムードもある中、その他の対抗馬は不安要素を抱えている馬が多く、調教状態の見極めが重要なレースです。

~注目馬の調教・追い切り~

・1番グランデッツァ  評価:B-
6月3日栗東坂路不単走馬なり
4F53.0-3F37.8-2F24.5-1F12.4

休み明けの前走の追い切りは坂路不を一杯で4F51.1。今回は中2週で軽めの調教となりましたが、
休み明け2線目成績は[0.0.1.3]と不振です。鉄砲駆けして2走ボケするタイプだけに、今回は慎重に見ておきたい。

・2番レッドデイヴィス  評価:B+
6月3日栗東坂路不併せ馬馬なり
4F52.3-3F38.5-2F25.4-1F12.8

追い切りでは併せ馬でクランモンタナを0.1秒先行0.6秒先着と良い動きを見せていました。
稽古量も豊富で3ヶ月半の休み明けですが、しっかり仕上がっている様子です。

・3番エアソミュール  評価:B
6月3日栗東CW不併せ馬馬なり
5F70.1-4F54.8-3F40.4-1F12.3

追い切りの併せ馬はハーキュリーズ0.2秒追走0.2秒遅れでしたが、1週前調教ではCW良を4F52.7-1F12.3、エキストラエンドを1.2秒追走同入とまずまずの内容でした。
前走の追い切りがCW良馬なりで5F68.7-1F11.7と良い動きをしていたので、タイム自体は落ちますが、動きは悪くありません。
全体的に若干調子を落としている印象もありますが、許容範囲内でいつもどおりの走りは期待できるでしょう。

・4番アズマシャトル  評価:A-
6月3日栗東P良併せ馬末強目
6F81.0-5F64.5-4F49.5-3F35.8-1F11.5

追い切りで抜群の好タイム。前走の追い切りはPコース6F81.5-1F12.3だったので、休み明け+8kgの前走からの上積みが期待できます。
重賞では結果が出ていませんが、ほとんどが力を出しきれなかったレース。今回の状態であれば、これまで以上に期待できます。

・5番トウケイヘイロー  評価:A-
6月3日栗東CW不単走馬なり
6F83.4-5F67.2-4F53.3-3F40.0-1F12.7

追い切りは軽めながら動きは軽快。注目すべきは1週前調教でCW良一杯で6F79.0の好タイムをマーク。
仕上がりは万全で鉄砲駆けするタイプの馬です。
9ヶ月半の休み明けですが、いきなりでも期待できそうです。

・6番マジェスティハーツ 評価:B
6月3日栗東CW不単走末強目
6F82.1-5F65.6-4F51.2-3F38.1-1F12.0

追い切りはまずまずの内容。前走の追い切りはCW不6F79.7-1F12.5でしたので若干落ちる印象でしたが、
1Fの反応も良いですし、状態はキープです。
重賞では苦戦をする事が多いですが素質自体は高い馬。上位に食い込んでも不思議ではありません。

・7番クランモンタナ  評価:B-
6月3日栗東坂路不良併せ馬一杯
4F52.8-3F39.0-2F25.8-1F13.3

追い切りではレッドデイヴィス0.1秒追走0.6秒遅れ。1週前調教ではCWでミッキーアイル外0.4秒先行0.2秒遅れ。
タイムは悪くないのですが、セオリーどおりに考えればここでは厳しそう。

・8番メイショウナルト  評価:B+
6月3日栗東CW不単走一杯
6F82.7-5F65.8-4F51.7-3F38.2-1F13.2

一週前調教ではCW良を6F80.6-1F12.2の好タイムをマーク。休み明け成績は[0.0.0.4]ですが、今回は若干いつもと違う印象。

・10番ラブリーデイ  評価:B
6月3日栗東CW不単走一杯
4F54.5-3F39.8-1F12.2

元々調教では走らない馬なので、いつもどおりの印象。
前走天皇賞・春で3,200m走った疲れもなく元気いっぱいの様子。

・11番マックスドリーム 評価:B
6月3日栗東坂路不単走一杯
4F52.6-3F38.4-2F25.6-1F13.2

休み明けの前走よりかは、良さそうですが馬齢による衰えも感じる馬。大外枠の不利もあり、このメンバー相手に好走を期待できるような調教状態ではないです。

~予想買い目情報~

◎5番トウケイヘイロー

重賞4勝の実績もあり、おととしは香港カップ2着に好走。実力はG3レベルであれば上位です。
その後の海外遠征などの影響もあり屈腱炎になり9ヶ月半の休み明け。2歳から活躍していた馬で6歳馬になった衰えや
怪我の影響も心配されますが、調教の動きを見ていると、期待したくなる内容です。
陣営は稽古ではよく動いていても実戦では不安とコメントしています。
安定感を欠く面もありますが、一昨年の鳴尾記念では強い内容の逃げ切り勝ち。スムーズに逃げて折り合いがあえば勝てるチャンスは
充分にありそうです。

○3番エアソミュール

調教、追い切りは特別評価できる内容ではないですが、重賞で4戦連続3着以内の安定感と今回のメンバーを考えれば外せない一頭です。
昨年の勝ち馬でもあり、当時は安定感がなく大崩れも多かったですが、最近は精神的にも成長して安定して力を出し切れるようになってきました。
決め手に欠く部分はありますが、今回も手堅く上位争いをしてくるでしょう。
2,000mを得意としている馬ですが、特に阪神を得意にしていて、昨年の同レースだけではなく、前走の産経大阪杯は3着ながら、勝ち馬はラキシスで2着はキズナと
G1のタイトルホルダーだから相手が悪かったと言い訳できます。さらにそのレースでは4着スピルバーグ、5着ロゴタイプと実力馬を抑えての3着なので
着順以上に評価できる内容。昨年の同レースや前走と同等の走りができれば、勝ち負けの競馬ができるでしょう。

▲10番ラブリーデイ

過去2戦3,000m超えの長丁場を使って、宝塚記念のステップレースとして鳴尾記念に出走するのは馬が元気な証拠です。
今年に入って、2,000mと2,200mの重賞を連勝。京都記念ではキズナ、ハープスター、レッドデイヴィスを相手にした勝利は高く評価できます。
その前の中山記念ではレコード勝ちで重賞2勝という実績以上に内容が良かったです。
距離短縮で期待値は急上昇!!11頭立ての外枠はポジティブにも捉えられます。
このメンバーが相手なら、圧勝する可能性も持っている実力馬です。

△4番アズマシャトル

追い切りでは抜群の好タイム。まだ4歳馬で成長が期待できる馬で休み明けでも充分期待できます。
叩き2戦目での巻き返しを期待です。

以上を踏まえて

鳴尾記念

3連複

3-5-10  3,000円
3-4-5   2,000円
3-4-10 2,000円
2-3-10  2,000円
2-3-5  1,000円

以上3連複5点買い。実力馬が多く11頭立ての鳴尾記念では、注目馬を中心に購入点数を絞った3連複で勝負です。

競馬情報会社ランキング