混戦ムードがある小倉記念では、注目馬を思い切って外した購入点数の少ない馬連予想をしています。

元調教助手が予想する小倉記念の買い目と追い切り情報

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

小倉記念の出走馬の中では、叩き上げも期待できるアズマシャトルの追い切りが高く評価できました。その他パッションダンス、マローブルーにも注目です。

8月9日(日)小倉11R小倉記念(G3)

8月9日(日)小倉11R

小倉記念(G3)

~レース特徴~

今週の注目レースは小倉芝2,000mで行われるハンデ戦の小倉記念です。
同レースは血統鑑定士S氏が今週の血統コラムでも紹介しています。
サイト内より血統鑑定士S氏のピックアップをご覧ください。
猛暑日が続く中でのハンデ戦では、調教状況から見る仕上がりがカギになりそうなレースです。

~出走馬の調教・追い切り~

・1番パッションダンス  評価:B+
8月5日栗東坂路良単走一杯
4F54.9-3F39.2-2F24.9-1F12.0

追い切りでも良い反応を見せていました
元々調教駆けする馬ですが、1週前調教では栗東CWを6F78.8の抜群の好タイムをマーク。
休み明けですが仕上がりは万全です。

・3番ウインプリメーラ  評価:B
8月5日栗東坂路良併せ馬馬なり
4F53.7-3F38.8-2F24.8-1F12.2

1週前調教では坂路良一杯4F53.2-1F11.9とまずまずの反応。
前走の追い切りでは坂路重馬なりで4F51.7をマークしていたので、もう一つ4Fタイムが出てほしかった印象。
前走も馬体を減らしてきているので、この状態で馬体重をさらに大きく減らすようなら割引も必要です。

・5番ベルーフ  評価:B
8月5日栗東CW良併せ馬直強目
6F87.2-5F70.8-4F55.0-3F39.9-1F11.8

併せ馬で直線は良く追っていました。元々調教ではそれほど走らない馬なので今回はよく動いていたほうです。
今回は3か月半の休み明けです。金曜追いもしているので、当日のパドックでどれだけ引き締まっているかに注目です。
3歳馬で今回初めての休み明けのレース。未知数の部分が多いですが、馬のタイプを考えると1戦叩いてからでないと力を出し切れない可能性もあります。

・6番マローブルー  評価:B
8月6日小倉ダート良単走馬なり
5F71.7-4F53.8-3F39.2-1F12.1

中2週で早めに小倉に入って調整しています。
夏競馬でも馬体を増やして充実しています。今回も順調にきていると見てよいでしょう。

・8番ノボリディアーナ  評価:B-
8月5日栗東坂路良単走一杯
4F52.2-3F38.2-2F25.8-1F13.8

4Fタイムは良かったですが、最後は頭が上がってバテてしまっていました。
準オープンを鉄砲レースで勝った反動が気になります。
この状態で重賞なら軽ハンデでも期待しづらいです。

・9番フレージャパン  評価:B+
8月6日栗東坂路良併せ馬一杯
4F50.1-3F37.1-2F24.9-1F12.8

追い切りが非常に良かったです。前走の追い切りでは坂路稍一杯で4F53.4だったので、今回は休み明けが良い方向に動いたでしょう。
準オープン勝利後に壁に当たっていますが、前進に期待です。

・10番クランモンタナ  評価:B
8月5日栗東坂路良併せ馬一杯
4F51.1-3F37.3-2F24.8-1F12.7

追い切りタイムは前走とほぼ同じ。併せ馬でダノンリバティに0.1秒追走、0.4秒遅れだったのが若干気になりました。

・12番マディラ  評価:B-
8月5日栗東P良単走強目
5F70.7-4F53.0-3F28.9-1F12.2

中1週でPコースでお追い切り。タイムも今一つで、疲れが残っていないか不安が残ります。
前走からの上積みも少なそうで、調教の動きを見る限り期待できません。

・13番メイショウナルト  評価:B
8月6日小倉ダート良単走馬なり
5F70.1-4F53.7-3F38.8-1F11.6

七夕賞からのローテーションで早めに小倉入りして調整しています。
輸送の不安がないのはプラスですが稽古量で若干不安です。

・14番タガノグランパ  評価:B
8月5日栗東CW良併せ馬一杯
6F90.1-5F71.5-4F54.5-3F38.8-1F11.8

併せ馬0.7秒追走頭先着で良く反応していました。休み明けですが、仕上がりは問題なさそうです。

・15番アズマシャトル  評価:A-
8月5日栗東CW良併せ馬一杯
7F93.1-5F63.8-4F50.4-3F38.0-1F13.1

7F調教で抜群の動きを見せてくれました。
馬体も絞れてきていて3歳時の時のような躍動感が出てきました。
状態は前走以上だと評価できます。

~予想買い目情報~

~予想買い目情報~

◎15番アズマシャトル

前走はマローブルーに0.2秒遅れての4着。
これだけを見ると物足りない結果でしたが、重馬場の影響があったのも明らか。
綺麗な馬場状態であれば見直す要素はあります。
中間の気配も順調で、追い切りで抜群の好タイムをマーク。ハンデも軽く条件が整っています。
馬体も絞れて充実期に入ってきた気配もあるので、ここは期待できます。

○1番パッションダンス

調教状態も良く休み明けの不安はなさそうです。
今年に入っての4走は大きく崩れていませんし、着差もわずかです。
最内枠からうまく先行できれば、小回りの小倉であれば勝機も見えてくるでしょう。
有力馬で今一つの調教状態の馬が多い中で、しっかり仕上げてきた所を評価して強気におしていきたい馬です。

▲6番マローブルー

春から3連勝をした後、メンバーが揃ったマレーシアCでも2着と好走。
メンバーの中で一番勢いがある馬です。
これで51kgの軽ハンデであれば当然上位候補になります。
元々軽い芝を得意としている馬なので開幕2週目で良馬場でやれる事が予想されるこの舞台では、圧勝してもおかしくないくらいの
条件が整っています。
早めに小倉入りして輸送の不安もありません。
これまでの戦歴を見ても大きく崩れることはないでしょう。

△5番ベルーフ

未知数の部分が多く、休み明けに不安はありますが、京成杯を勝った実績などを考えると上位候補です。
馬の素質自体はメンバートップクラス。追い切りの動きを見る限りは大きな不安はなさそうなので期待していきます。
返し馬の時のテンションにも注目をしてみると良いでしょう。

以上を踏まえて

小倉記念

馬連

6-15  5,000円
1-6   3,000円
1-15  2,000円

以上馬連3点買いで勝負です。
ハンデ戦ですが、状態やハンデ斤量に明暗が分かれた部分もあり、思い切って絞り込んで勝負をします。
マローブルーなどの注目馬を絡めておきたい事を考えると、少ない購入点数で勝負する事が必要になりそうです。
オッズによってはベルーフまで抑えておく事もオススメします。

競馬情報会社ランキング