札幌2歳ステークスでは、調教内容が光っていたアドマイヤエイカンに期待です。

札幌2歳ステークスでは、調教内容が光っていたアドマイヤエイカンに期待です。

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!

混戦ムードが強い札幌2歳Sでは追い切り内容や前走からの上積み期待を込めてアドマイヤエイカンを信頼できる本命軸に推します。注目馬のアラバスターは不安を感じる追い切り内容でした。

9月5日(土)札幌11R札幌2歳ステークス(G3)

9月5日(土)札幌11R

札幌2歳ステークス(G3)

北海道競馬も今週で閉幕になります。札幌最後の重賞は土曜日メインの札幌2歳ステークスです。
過去の勝ち馬を見てみるとアドマイヤムーンやグランデッツァを筆頭にその後も結果を残した実績馬を多数輩出しています。
先週の新潟2歳ステークスとは違い、今回は前評判の意見が大きく割れている混戦ムードが強いレースになっています。
札幌芝1,800mは小回りがきくレースだけあって、逃げ、先行が有利。基本は内枠が有利ですが、中枠からの好走も目立っています。
過去10年のレースを見てみると9勝が牡馬ですので牝馬は割引。ここ5年は1番人気が不振ですが勝ち馬は3番人気以内の馬が多いレースになっています。

~注目馬の調教・追い切り~

・1番リアルキング  評価:B+
9月2日札幌ダ良単走一杯
6F82.6-5F66.2-4F51.3-3F37.6-1F12.2

中1週ですが、元気一杯。
追い切りでの走りも軽快です。500kg超えの大型馬で前走からの上積みも期待できそうです。

・ディーズプラネット  評価:B
9月2日札幌芝良併せ馬馬なり
5F68.0-4F52.3-3F38.7-1F12.8

今週札幌入りをしましたが輸送の影響はなさそうです。
状態は悪くないのですが、前走の勝ちタイムや牝馬あという面では割引。

・アラバスター  評価:B-
9月2日札幌ダ良併せ馬一杯
5F72.1-4F55.5-3F40.9-1F12.8

前走札幌で強い勝ち方をした注目馬ですが、追い切りでは一杯の中で明らかに前走よりも反応が悪かったです。
まだ2歳なので決めつけはできませんが、追い切りの評価を悪く積極的には買えない。

・クロコスミア  評価:B-
9月2日札幌ダ良併せ馬馬なり
5F69.0-4F53.4-3F39.5-1F12.8

追い切りタイムは前走とほぼ同じ。併せ馬ではヒルノマテーラ外0.6秒追走1.0秒遅れ。戦歴を考えても期待しづらい。

・5番ラヴアンドポップ  評価:B
9月2日札幌芝良併せ馬馬なり
5F68.4-4F52.4-3F37.7-1F12.2

2戦土付かずの注目馬。中2週ですが軽めの調教。状態はキープですし前走はレース内容が悪い中での勝利なので期待できます。
併せ馬はダノンエール内0.7秒追走同入。今の所併せ馬も相手を気にせずに先行させている印象なので気になりません。

・6番アラモアナワヒネ  評価:B+
9月2日札幌ダ良併せ馬一杯
4F53.7-3F39.0-1F12.6

1週前調教も含めてよく動いています。1戦使って状態は上向いている印象。距離延長と牡馬相手でどこまでやれるか?

・7番ペイシャオブマーシ  評価:B
9月2日札幌ダ良併せ馬馬なり
5F70.8-4F55.9-3F41.4-1F12.5

併せ馬トウカイエンプレス内0.8秒追走同入。1週前調教でもまずまずの動きで稽古での動きが良い馬です。
前走も追い切りは良かったので状態はキープ。距離が大幅に伸びる事が課題です。

・8番アフターダーク  評価:B+
9月2日札幌芝良併せ馬馬なり
5F64.5-4F50.1-3F36.3-1F11.9

併せ馬ピンクア外0.6秒追走0.2秒先着。軽めの調教の中でも動きが軽快で好印象です。
レース間隔が少し空きましたが状態は前走以上です。

・9番ネコダンサー  評価:B
9月2日札幌芝良併せ馬馬なり
5F66.9-4F51.7-3F37.4-1F12.2

前走は連闘の中で大きく崩れましたが、調教を見る限り疲れが原因ではなさそうです。福島で1,800mを勝っていますが、この時期で4戦1勝で未勝利戦での勝利は期待しづらい。

・10番プロフェット  評価:B
9月2日札幌芝良併せ馬末強目
4F53.2-3F38.8-1F12.6

併せ馬ゴールドラッシュ外0.1秒先着。追い切りの内容はほぼ前走と同じか、少し動きが重い印象。
前走は同じコースでまずまずの時計だったので侮れません。

・11番アドマイヤエイカン  評価:A-
9月2日札幌芝良単走一杯
45F60.8-4F46.8-3F34.0-1F11.6

メンバーの中でも精力的に負荷をかけてきました。追い切りでも抜群の反応。状態は前走よりも大幅に前進していそうです。
あとは外枠から楽に好位を取れれば・・・

・12番ペイシャフェリシタ  評価:B
9月2日札幌ダ良単走馬なり
5F70.2-4F54.7-3F39.5-1F12.8

中1週で軽めの調教です。未勝利戦組の牝馬。状態はキープですが前走からの上積みも少なそうですし前走の勝時計もイマイチ。あまり期待はできません。

・13番スパーキングジョイ 評価:B+
9月2日札幌ダ良併せ馬一杯
5F67.8-4F52.5-3F38.3-1F12.3

併せ馬オールマイアイ内0.6秒追走同入。前走も好タイムで勝っていて、中間の気配も良好。追い切りでもキッチリ仕上げてきた印象です。
前崩れの展開になれば、チャンスが大きくなります。

・14番リッジマン  評価:-
9月2日 門別 
3F39.1-2F25.7-1F12.6

唯一のホッカイドウ競馬からの参戦。前走クローバー賞は13番人気からハナ差の2着。軽視できない存在です。

~予想買い目情報~

◎11番アドマイヤエイカン

前走はセンスの高さが光ったレース。最後は2馬身半の差をつける圧勝。追い切りの状態も良く信頼できる本命軸として期待できそうです。
岩田騎手は夏競馬絶好調だったので、最後も良い形で締めくくる事を期待です。

○8番アフターダーク

前走は函館1,800mを圧勝。レース間隔が空いた事がネックでしたが、追い切りで不安を一蹴しました。
牝馬ではありますが、現時点での完成度は非常に高く評価できます。
前走が緩さを感じさせる仕上がりだったので、上積みも期待できますし、将来性の高さはメンバートップクラス。

▲10番プロフェット

前走は少頭数や展開の有利もありましたが、最後は後続を大きく突き放しての勝利。勝ちタイムも良く素質の高さを感じられます。
まだまだ伸びしろが大きく、器の大きさを感じさせる馬です。同コースではハービンジャー産駒が圧倒的な良積を残していますし、血統で見てもメンバートップレベルの良血馬。
現時点では多少の不利や状態の不安があっても素質で押し切れる可能性がある馬です。

△1番リアルキング

最内枠で前走札幌1,800で好タイムでの勝利。前走は稽古の動きが悪く8番人気でしたが、今回は精力的な調教をしてきています。
相手が強くなりますが実力は互角以上。先行争いが激しくなる事が予想されますが内枠の有利を活かせれば快勝する可能性も充分あります。

以上を踏まえて

札幌2歳ステークス

単勝

11番アドマイヤエイカン 10,000円

以上単勝1点買いで勝負です。
追い切り状況や過去のレースを振り返っても混戦ムードが強く、勝てるチャンスがある馬がたくさんいます。
馬連などの組み合わせを考えても、人気馬注目に流していくのは非効率。オッズも割れる事が予想されるので単勝1点買いでシンプルにいった方が見返りが大きいと判断します。
3番人気以下の勝ち馬が多いレースデータもありますし、5倍以上のオッズが付けば、投資する価値が高い馬券だと評価できます。
予想印を付けた馬で人気が薄い馬がいるようだったら、軽く押さえておく事もオススメです。

~予想買い目結果~
単勝1番アドマイヤエイカン 57,000円 的中

競馬情報会社ランキング