府中牝馬ステークスの予想は単勝と馬単を組み合わせて、頭を1頭に絞った強くな重点買い目情報を紹介しています。

元調教助手が予想する府中牝馬ステークスの買い目と追い切り情報

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!

調教追い切りが非常によく、休み明けの不安がないケイアイエレガントを府中牝馬ステークスの予想では本命馬に挙げました。上位争いは混戦で多くの馬が勝てる力を持っている混戦ムードが強いレース展望になっています。

10月17日(土)東京11R府中牝馬ステークス(G2)

10月17日(土)東京11R

府中牝馬ステークス(G2)

エリザベス女王杯のトライアルレースにもなっている府中牝馬ステークスは毎年混戦ムードが強く、今年も実績馬や夏に結果を出して重賞に進んできた馬、休み明けで臨む馬など
牝馬指定ながらバラエティー豊なメンバーが揃いました。
レース間隔が空いている馬も多く、エリザベス女王杯を本番視している馬と、ここに照準を合わせてきた馬で調教状態にも差が出ているように感じました。
レースデータでは過去10年で1番人気は僅かに4連対で信頼に欠く内容です。前走で6着以下の着外の馬は一気に成績が悪くなって割引が必要なデータが出ています。
東京芝1,800mのコースは2コーナー途中のポケットがスタート地点のトリッキーなコースで基本的には中枠~内枠が有利です。ただし先週の毎日王冠のエイシンヒカリのように、
スタートダッシュさえきけば外枠も苦になりにくいコースになっています。脚質は逃げ、先行が有利。道中の位置取りも重要になります。

~注目馬の調教・追い切り~

・1番ケイアイエレガント   評価:B+
10月15日美浦坂路良単走強目
4F53.2-3F38.2-2F24.9-1F12.6

安田記念から4ヶ月半の休み明けですが、動きは軽快で状態は安田記念以上にも感じます。
坂路2回調教を中心に、予定通りのメニューを消化して、不安がないくらい順調と助手がコメントしておりました。

・2番シャトーブランシュ  評価:B
10月14日栗東CW良単走強目
6F89.4-5F71.9-4F55.6-3F40.4-1F11.8

ラストの反応が非常に良かったです。調教駆けするタイプの馬ではないので、タイムと稽古内容はこれで充分です。
春秋の気候の時に調子をあげる馬ですので、期待はできます。休み明けの不安もそこまで大きくなさそうです。
一応当日のパドックで太め感はチェックしておくと良いでしょう。

・3番レッドリヴェール  評価:B
10月14日栗東坂路良併せ馬馬なり
4F54.2-3F39.0-2F24.9-1F12.5

札幌のクイーンSから2ヶ月ぶりのレースですが中間の気配は良好で追い切りタイムもまずまずです。
課題は輸送で馬体重を減らさなければチャンスはあります。430kgは維持しておきた。

・4番スマートレイアー  評価:B-
10月12日栗東坂路良単走馬なり
4F59.0-3F43.6-2F25.1-1F12.4

水曜、木曜にも坂路で軽めの調教をしています。輸送による体重減を心配して、軽めの調教ですが、休み明けの中で完成度に不安が残る内容です。

・7番メイショウマンボ  評価:B+
10月14日栗東坂路良単走末強目
4F55.5-3F38.6-2F24.8-1F12.7

調教駆けするタイプで1週前調教ではCW良6F80.4-1F11.9の好タイムをマーク。
今年も調教ではタイムを出すが、レースでは結果が出ていません。素材は一級品なので、馬に気持ちが入れば一発の要素はあります。
調教状態を見る限り衰えはあまり感じません。

・8番リメントサイレント  評価:B+
10月15日栗東坂路単走馬なり
4F53.6-3F39.4-2F26.2-1F13.6

昇給組ですが、ローテーションもよく前走からの上積みも期待できます。
仕上がりの面ではメンバートップクラスの評価ができます。あとは強い相手にどこまでやれるか?

・10番ミナレット  評価:B-
10月14日美浦南W良単走強目
5F68.3-4F52.3-23F38.3-1F13.1

春はVマイル3着の実績がありますが、距離延長は微妙。短期放牧して、その後の稽古量も不十分。レースで叩いて良化させようという思惑を感じられます。

・11番パワースポット  評価:B
10月14日美浦坂路良単走馬なり
4F55.4-3F40.4-2F25.7-1F12.7

調教では走らない馬なのでいつも通りの印象。今年も重賞で3着3回とハマれば上位争いできる力があります。
馬のタイプを考えれば、休み明けに軽めの調教だからといって大きく割引必要はありません。

・12番スイートサルサ  評価:B+
10月14日美浦南W良単走馬なり
5F68.0-4F52.4-3F38.4-1F12.8

調教タイムはいつも通りですが、動きが軽快で状態は前走よりも良化しています。福島牝馬Sのように展開が見方すれば見せ場を作れるかもしれません。

・13番イリュミナンス  評価:B+
10月14日栗東坂路良併せ馬一杯
4F53.9-3F39.6-2F25.5-1F12.7

ここへ向けて本気で調整してきた様子が窺えます。着実に夏に力を付けてきた馬。好位を付けて折り合えれば上位に食い込む可能性はあります。

・17番カフェブリリアント  評価:B
10月15日美浦南W良併せ馬馬なり
3F40.7-1F12.7

2ヶ月半ぶりのレースですが帰郷後の稽古量はまずまずです。1週前調教では前走の追い切りと同等のタイムをマーク。
仕上がりは完璧ではないですが、春のようなピカピカの馬体に戻れば勝ち負けの競馬ができるだけの力を持っています。

~予想買い目情報~

◎1番ケイアイエレガント

休み明けの注目馬の中でも最も不安が少ない内容は評価できます。Vマイル2着の実績がありますし距離1,800mまでは射程圏内です。
安定した先行力に最内枠の有利も加わり、本命軸として充分期待できるでしょう。

○17番カフェブリリアント

有力馬が内枠に固まった事や17頭の多頭数と東京1,800mのスタート位置を考えれば大外枠はポジティブに捉えられます。
調教ではどこまで調子を戻してきたか分かりにくいですが、春の充実期のイメージを考えればしっかり押さえておきたい対抗馬です。
Vマイルの内容を見る限り初めての1,800mでも期待できそうです。

▲7番メイショウマンボ

ここ最近は毎レースで同じような感じですが、稽古の動きを見ていると期待したくなってしまう馬です。
長い手足に恵まれた体格で素質は一級品。本来の力が出せれば巻き返しのチャンスはあります。

△11番パワースポット

調教内容はいつも通りですが、若干の不安はありますが、今年の重賞3着3回は軽視できませんし、その全てのレースが万全だった訳ではありません。
過去に鉄砲レースをした実績もありますし、馬に気合が入っていれば上位争いできる力を持っています。

以上を踏まえて

府中牝馬ステークス

単勝

1番ケイアイエレガント 6,000円

馬単

1着軸 1番ケイアイエレガント → 相手[2.3.7.10.11.14.16.17] 合計8点流し 各500円

以上ケイアイエレガントを頭固定で単勝馬単で勝負です。
混戦ムードが強く多頭数レースの為、オッズは多少割る事を予想。調教を見る限り信頼度が高いケイアイエレガントに絞りこむ事で見返りもそれなり期待できます。
オッズ次第では単勝一本や馬単総流しもオススメできます。今年は波乱の要素も多少はあるので、購入点数を絞った馬連などはあまりオススメできず、手広く流す事をオススメします。

競馬情報会社ランキング