調教師とは、競走馬をマネジメントする競馬業界の中核に値する非常に重要な仕事を担う人です。

競馬の重要な役割を担う調教師

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

調教師とは厩舎を運営して競走馬を管理する者の事を言います。調教師次第でそれぞれの競走馬の育ち方は大きく影響を受け、腕の良い敏腕調教師には有力な血統の期待馬が集まってきます。

調教師とは?

競馬における調教師とは、厩舎を運営して競走馬を管理する者の事をいいます。
競馬業界では調教師を騎手を字を逆にして「手騎(てき)」と呼ばれる事もあります。
調教師になるには、調教師免許を取得する必要があり中央競馬と地方競馬で免許も異なります。

競馬調教師

調教師免許と騎手免許を同時に所持する事はできず、引退した騎手が騎手免許を返上して調教師免許を取得するケースも多いです。

調教師になるのはとても難しく、免許の試験も狭き門となっている他、その年に調教師になれる人数はその年に調教師を引退する人数に合わせて制限もされます。
調教師は高齢になっても行う事ができる仕事で、歳をとっても引退しない調教師も多く世代交代が回らない事もあり2000年以降は70歳での定年制となっています。

調教師は実際に調教を行うのではなく、調教やレーススケジュールなどをマネジメントする役割になります。

多くの厩舎では調教助手が何名か在籍していて、実際に調教はこういった調教助手の管理のもとで行われる事が多いです。

競走馬をレースで万全の状態で実力を最大限発揮させるのはとても難しい繊細な事です。強い馬を育てたり、レースで好走させるには調教師の役割はとても大きく、抜群の成績を誇る一流厩舎(調教師)もいます。
こういった一流の厩舎に所属しているというだけで、馬は人気が出る要素となり、実際に厩舎別で競走馬の戦歴を見比べてみると、大きな差が生じてきます。

競馬の予想で調教や追い切りのタイムを見極めるのはとても難しく、競馬の調教というのは、調教でタイムを出せば良いというものでもなく、好走した前走から同じくらいの馬体重を維持すればよいという単純なものではなく、調教師本人以外からは馬の仕上がりが良いのか悪いのかが判断できていないケースなどもあります。

ですので調教師の実績というのは、調教タイムと同じくらい競馬の予想では重要な事で、新馬戦など過去のレースの実績のないレースでは多くの人が血統や調教タイムで予想をしますが、単純に一流厩舎の馬を優先して買うという予想スタイルもあります。

全体的にオッズは低めになる傾向はありますがデータから見ても理にかなっている予想方法です。
こういった新馬戦だけではなく、G1などレースが大きければ大きいほど出走する馬は各厩舎が調教に力を入れます。

一流の厩舎の馬を予想の候補に挙げていくのも有効な手法のひとつですが、競馬界で有名な事例をひとつ紹介すると現在の日本を代表する調教師の一人、藤沢和雄調教師はクラシックではそれほど良い成績をあげていません。
それは競走馬に若いうちから無理をさせるのではなくて、クラシックに意識しすぎず活躍するのは古馬からでも良いという考えがあります。

このように調教師によって、腕の良し悪しが出るだけではなくて、傾向や個性もあります。こういった調教師の性格を少しでも把握した上で調教状況等を分析するとより馬の状態というのが見えてきます。

元調教助手が教える今週出走馬の調教・追い切り状態の真成
競馬情報会社ランキング