全レース馬券を購入するより、自信があるレースに絞り込んで勝負する事が重要です。

馬券を買うレースを絞り込む事で効率化を図る

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め

競馬で安定した成績を残すコツで、全てのレースで馬券を買うのでなく絞り込んで買うというのがあります。まずは競馬場で絞込み、開催される競馬場で行われるレースの中から絞り込むようにしましょう。絞り込む方法は自分が自信をもって予想ができるレースに絞る他、そのコースやレースなどの特性や傾向なども考慮して、絞り込むとよいです。

自信のあるレースを絞り込む

自信のあるレースを絞り込む

競馬で、安定した成績を残すコツとして、むやみに全レース馬券を買うのではなく、購入するレースを絞り、自信があるレースだけや相性が良いレースだけ馬券を買う事がお勧めです。

まず最初に、一日に複数のレースの馬券を買うのであれば競馬場を絞り込むというのも重要です。
中央競馬は多いときで3つの競馬場が同時に開催されています。
レースの出走時刻はかぶらないようになってますが、通常中央競馬は1日12レースをおこない、レースからレースの間の時間は大体30分ほどとなっている事が多くメイン競走の前後だけは、若干多めの時間があけられる事が多いです。

この約30分の中で、パドックや直前オッズなど重要となる情報がたくさん出てきます。
レースの最終予想をまとめる時間として30分は充分な時間といえますが、これが開催されている競馬場2会場分の馬券を買おうとしたら、予想する時間や情報を収集して分析する時間は極端に短くなります。
ですので、なるべくは馬券を買う競馬場は1日1会場に絞るようにしましょう。

複数の競馬場で行われるレースをそれぞれ買いたい時は、同じ時間帯でのレースにならないようにして、ひとつの競馬場で馬券を購入したら、その前後その前後の時間帯に行われる、もう片方の競馬場のレースは見送るなど時間配分を余裕をもって計算しておくとよいでしょう。

東京や中山・阪神や京都などの大きな競馬場は情報も多いケースがあるので、競馬場を絞る段階で迷ったら、規模が大きい競馬場に絞り込むのがお薦めです。
また、競争馬が得意とするコースや馬場状態などがあるように、馬券を買う人も予想の相性がよい得意なコースや好きなコースなどが出てくる事もよくあるので、こういった、自分の馬券を買うスタイルやコースの特性や相性などを考慮して、競馬場を絞り込むのも重要です。

コースの形や、雨などによる馬場状態・開催週による芝の痛み方なども開催される競馬場ごとに異なり、逃げ・先行が有利や波乱のレースがおこりやすいなど、特徴も出ますので、こういったコース事情も把握しておくことは重要です。

競馬場が絞り込めたら、レースを絞り込む事も重要です。
競馬場ごとに行われる全12Rすべての馬券を買う事は難しく、予想する時間は充分にありますが、全レース馬券を買ったことにより回収率が悪くなるというのもよくある話です。
12R全て馬券を買うのは拘束時間も長くなり、体力的なロスもあり、よほど研究をしつくしている人でない限り効率的とはいえません。

馬券を買うレースを絞り込むコツとしては、荒れるレースになるか、本命が勝つ堅いレースになるか?で予想をたてて、その堅いか荒れるか?の2択の予想により自信を持てるレースに絞り込むのがお薦めです。

他にも逃げや差しなど、脚質に好みがある場合はそういった脚質が有利になりそうな展開が予想されるレースを選んだり、注目馬が放牧明けや二走目など予想が難しそうなレースを外す事も重要です。

後半の9レース以降や、各新聞会社などのマスコミが提供する情報量が多く特にメインレースは、より詳しい情報を得る事もできますので、こういった情報が多いレースに縛り込むというのも有効です。

競馬情報会社ランキング