穴馬軸は、購入レースを荒れそうなレースに絞り込む事で効率の良い手法となります。

レースを絞込み穴馬軸で勝負する

  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め

穴馬を軸に荒れたレースに厳選して馬券を買っていく事は、的中率は悪くなりますが、大きなパフォーマンスをあげられる可能性もあり、やり方によっては、資金効率もよく長い目で見ても安定した回収率を維持できる可能性も高いおすすめできる手法のひとつです。

荒れるレースは穴馬軸で勝負

荒れるレースは穴馬軸で

競馬を予想する上で、穴馬を予想して的中させるというのは、本命馬を予想して的中させる事よりも難しいです。
しかし穴馬を的中させれば本命馬を的中させるよりも大きな成果を上げる事ができます。

仮に5回のレースを予想し、本命予想で2回的中させる事よりも穴馬を1回的中させた方がより高い回収率の成績をあげる事もできます。
本命馬も的中させるのはそこまで簡単な事ではないですし、穴馬もやり方次第ではある程度コンスタントに的中させる事も可能です。

競馬は他のレース系の公営競技よりも出走数が多く、馬という気まぐれな動物というのもあり、高配当が出やすいギャンブルです。
本命予想を捨てて、穴馬だけを軸とした馬券の買い方というのもとても良い手法といえます。
穴馬狙いを軸にして馬券を購入する場合、レースの絞込みが重要になります。

データなどから、荒れるレースになる条件が整っていないレースは潔く切り捨てる事が必要で、開催後半の荒れた馬場状態の競馬場で開催される日だけは穴馬を軸にした構成にするというのも有効で、条件が合わないときは一日を通して、見送る事も大切になってきます。

競馬は開催日によって、荒れやすい日なども出てくるので、早い時間のレースの結果や配当金を見て、穴馬を軸で勝負するかを決めてもよいでしょう。
穴馬軸の予想のポイントとしては、荒れそうなレースに厳選するのがひとつ。

もうひとつは、潔く本命馬を切り捨てるという事になります。
穴狙いの人でも、ついつい本命馬も織り交ぜてかってしまう人もいます。
期待できる配当が本命馬と合わせてもそれなりに高ければいいのですが、人気馬同士の組み合わせなどを、穴馬狙いのレースで一緒に買ってしまうと極端に資金効率が悪くなります。

荒れると予想しているレースですので、堅い組み合わせを選ぶのであれば、幅広く穴馬の組み合わせを増やした方が効率が高くなります。
どうしても人気の組み合わせを買いたいのであれば、穴馬を軸にした馬券を買うのは見送って、堅い組み合わせのみで勝負した方がよいでしょう。

またこういった穴馬を軸にしたレースを厳選する時に、人気を独占している、単勝が3倍を切るような圧倒的一番人気の馬がいるレースは問答無用で外す人も多いのですが、穴馬狙いとは、配当効率を追求して、勝率はあまり求めていません。
こういった人気が集中している馬がいるレースは、その馬が連対できなかった時点である程度の高配当がつきます。
少ない予算でちょっと本命馬を外した馬券を何通りか買っておくのはとても有効で、どの馬も実力が均衡していて、多方が荒れそうと予想しているレースでは仮に荒れたとしても的中させるのが難しい組み合わせになったりします。
こういったレースよりも、ほとんどの人が1番人気が勝つだろうと思っているレースであえて穴馬を軸に勝負をしていると簡単に万馬券が取れてしまう事などもあります。

もちろんそのまま波乱なしで決着してしまう可能性も高いですが、オッズも本命馬を外すと効率性が高いので、少ない資金で充分に勝負できる買い方ができるメリットがあります。

荒れそうなレースを厳選する時は、多方の予想や、圧倒的人気馬がいるかいないか?という簡単な理由で決めずに、時には大衆の意見に逆向してみる勇気も必要です。

このように、荒れそうなレースを厳選してオッズの効率なども考慮して穴馬だけを軸に馬券を買っていく事は、的中率は当然下がりますが、長い目で見て高い回収率を維持できる可能性も高く、穴馬を的中させるというのは競馬の醍醐味でもあるのでおすすめできる手法です。

競馬情報会社ランキング