いくら的中率を高めても回収率が100%を上回らければ競馬で勝つ事にはならない

的中率より回収率が大事な馬券成績

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

競馬で自分の馬券の買い方をデータとしてみるのは重要で、的中率と回収率を出す事ができます。的中率よりも回収率の方が重要で、回収率が100%を超える事を目標とするのがよいでしょう。こういった数字は、なるべく長い期間で通算してみるとよくい、当然波も出てくるので、成績が落ちたからといって、一気に取り返そうと焦った馬券の買い方はしないことも重要です。

的中率と回収率で分析をする

回収率が重要

競馬でプラス収支を出す上で、大事な数字を紹介します。
それが「的中率」「回収率」です。

的中率とは、ひとつのレースで何点買って、その中で的中した馬券の数の割合として出す事もできますが、一般的な競馬の的中率とは、馬券を買ったレースの中で馬券が一つでも的中したレースの割合を出す事になります。

もうひとつの回収率とは、馬券を買った軍資金がレースが確定して、当たり馬券を換金して、ハズレ馬券を廃棄した時に、手元に残るお金が軍資金に対していくらか?という数字です。
当然、全く的中がしなければ、回収率は0%となります。

回収率が100%を超えれば、勝ったという事になり、仮に99%でも100%を下回れば負けたという事になります。
回収率も1レースごとの回収率を気にするのはもちろん、1日やった全てのレースの回収率や、月間・年間・通算などと長い期間で回収率を出していくのが重要となります。

どちらも電卓一つあれば、簡単に計算でき、暗算でも簡単に計算できてしまう人も多いのではないでしょうか?
直近の的中率・回収率はすぐに計算して把握する事ができても、過去の成果は忘れてしまうものなので、競馬を長く続けるのであれば紙やPCやスマホのデータでもいいので、控えておくようするといいでしょう。

理想の形は、的中率と回収率をどちらも高めていく事ですが、この2つの数字を比べるのであれば、圧倒的に回収率が重要になります。
競馬は当てる事よりも勝つ事が大事とありますが、的中率と回収率とは、まさにその事を表した数字で、的中率がどれだけ高くても回収率が100%を切っていたら意味がないのです。
仮に的中率が低くても回収率が100%を超えていれば、充分な成果をあげているといえます。

的中率が低くて回収率が高い場合は、一発大穴を当てたというケースが考えられますが、こういったひとつの高配当により回収率が高くなっているケースは今後も同様のパフォーマンスを出し続ける事が難しいと思った方がよく、勝っているからといって、安易な馬券の買い方をしないように気をつける事が重要です。

そして回収率を飛躍的に上げる方法としては、当然高配当になる穴馬券を的中させる事ですが、回収率を追い求めるばかり、大穴狙いの買い方しかしなくなる人もいます。
レースの見極めをして、荒れそうなレースだけ勝負してる分には構わないですが、本命狙いなどが外れて回収率が一時的に低くなっても、無理して取り返そうとは思わない事が重要です。

こうやって、的中率や回収率など自分の馬券の購入データを残していく事はとても重要です。

1レースだけの結果や1日だけの結果などではなくて、なるべく長い期間の的中率と回収率を合算していくようにするといいでしょう。
まずは、的中率をあげる事も最優先して考えて、的中率と回収率のどちらも高めていく方法としては、全てのレースで無理して勝負せずに、自信をもって予想できるレースの馬券だけを買っていくというのも重要です。

競馬情報会社ランキング